世界宣教祈祷課題(7月14日):トルクメニスタン

2020年7月14日12時35分 執筆者 : 奥山実 印刷
+世界宣教祈祷課題(7月14日):トルクメニスタン
トルクメニスタン東部の都市マルにあるガーバングリ・ハジ・モスク(写真:David Stanley)

米国務省の信教の自由懸念国に、2014年以降ずっとリストされるトルクメニスタンは、厳しいキリスト教迫害国だ。米オープンドアーズのリストでも19番目に酷い迫害国としてリストされる。

人口のほぼ9割以上がイスラム教を実践しており、約3%がロシア正教会に属し、残りの0・1%だけが福音主義信者となる。政府は宗教団体を厳しく管理し、すべての文献は検閲され、外国からの支援はすべて報告する義務がある。

宗教団体として公認されるためには、5人以上50人未満の役員が必要であり、会員は50人以上とされる。そのためトルクメニスタンでは、ほとんどすべての教会が非公認の地下教会にならざるを得ない。摘発されれば当然刑事罰の対象となり、指導者たちが投獄されることもしばしばだ。

そんな中、トルクメニスタンでは学生や若者中心の伝道が活発に実を結んでいる。

迫害に負けず、さらに救霊が進むよう祈ろう。

■ トルクメニスタンの宗教人口
イスラム 96・2%
ロシア正教 3%
無神論 2%
プロテスタント 0・1%
カトリック 0・01%

※ この記事は、世界宣教センター所長の奥山実牧師のフェイスブックに掲載された「世界宣教祈祷課題」を、若干の編集を加えた上で転載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


世界宣教祈祷課題の最新記事 世界宣教祈祷課題の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース