スマホアプリ「Bible 2020」 聖書を声に出して読み世界のクリスチャンと共有 日本語にも対応

2020年6月6日18時37分 印刷
+スマホアプリ「Bible 2020」 聖書を声に出して読み世界のクリスチャンと共有 日本語にも対応
スマホアプリ「Bible 2020」のロゴ

毎日テーマに沿った聖書箇所を声に出して読み、それぞれの言語で読んだ「神の言葉」を世界中のクリスチャンと分かち合う新しいスマートフォン用アプリ「Bible 2020」がリリースされた。スコットランド聖書協会によるプロジェクトで、日本聖書協会を含む各国の聖書協会や世界福音同盟(WEA)、世界ウィクリフ同盟などが協賛。日本語では、リビングバイブル、口語訳、新共同訳の3つの聖書訳が利用でき、アプリの表示言語も最近、日本語に対応した。

「Bible 2020」では、毎日テーマに沿った1~5節ほどの短い聖書箇所が表示され、利用者はそれを声に出して読み録画。「Bible 2020」を利用する世界中のクリスチャンと、録画した動画を共有することができる。世界中の利用者が録画した動画は「動画ウォール」にまとめて表示される。独自のグループを作成することも可能で、家族や友人で、また教会やスモールグループなどの単位でグループを作り、互いに励まし合いながら日々の聖書朗読に取り組むこともできる。

現在は1冊の「本」としてまとめられている聖書だが、特に旧約聖書はその長い歴史において、口伝で語り継がれてきた伝統がある。しかし現代はそうした伝統が失われ、聖書離れが進んでいるとし、スコットランド聖書協会は、「Bible 2020」を用いることで毎日聖書を読む良い習慣を身に付け、「聖書の信頼性、また神の言葉を声に出して語ることの力を再発見してほしいです」としている。

スマホアプリ「Bible 2020」 聖書を声に出して読み世界のクリスチャンと共有 日本語にも対応
「Bible 2020」の画面。「聖句」のページ(左)では、テーマに沿ったその日の聖書箇所が表示され「録画を開始する」ボタンを押すと、聖書箇所を見ながら録画ができる。「動画ウォール」のページ(右)では、世界の利用者が録画した動画がまとめて表示される。

「Bible 2020」は今年1月1日にリリースされ、これまでに世界130カ国で約2万2500件ダウンロードされた。6千人以上がユーザー登録し、これまでに2万件近い動画がアップロードされたという。日本の利用者はまだ少ないが、アプリの日本語表示も始まり、今月15日ごろまでにはウェブサイトも日本語表示に対応する予定。ウェブサイトでは、アクティブな利用者をマッピングした世界地図や一部の動画を閲覧でき、今年1年間の聖書箇所とテーマを示した朗読プランなどの資料も公開されている。

「Bible 2020」はiOS、アンドロイドに対応しており、ダウンロードはそれぞれ、App Store、または Google Play で。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース