世界800万ダウンロード 子ども聖書アプリ「The Bible App FOR KIDS」、待望の日本語版完成

2016年2月2日17時49分 記者 : 新庄れい麻 印刷
+世界800万ダウンロード、子ども聖書アプリ「The Bible App FOR KIDS」 ついに日本語版完成!
「子ども聖書アプリ」を協力開発した子ども・青年伝道団体「ワンホープ日本」ウェブサイトのスクリーンショット

世界最大のオンライン聖句共有コミュニティー「YouVersion」と、世界の全ての子どもと青年に神の御言葉を提供することを目的とする国際的なキリスト教団体「OneHope」(ワンホープ)が協力して開発した子どものための聖書アプリ「The Bible App FOR KIDS」の日本語版「子ども聖書アプリ」が、1月29日にダウンロード開始となった。ダウンロードは無料。このアプリは、2013年12月に英語版がリリースされるやいなや、わずか数日で100万ダウンロードを突破して大きな話題を呼んだ。英語以外の言語にも翻訳されたこのアプリは、現在世界中の800万人以上によって子ども伝道の現場で用いられており、日本語版が待望されていた。

スマートフォンやタブレット端末にダウンロードすることによって利用できるこのアプリは、指で触れて楽しむアニメーションを通して、聖書の話を子どもたちが体験することができるように制作された。「世界のはじまり」「海の中の道」「ライオンからたすけられて」「からっぽのおはか」「サウロの大変身」など、創世記からヨハネの黙示録までの40の話が、親しみやすいカラフルなイラストと、優しい声の朗読で紹介される。イラストにタッチしてそれに反応するアニメーションの動きを楽しんだり、イラストの中に隠された宝石を探し出して集める喜びを味わったり、クイズを通して学びを深めたり。文字の読めない小さな子どもから、少し難しいことに挑戦したい年頃の子どもまで、インタラクティブな冒険で聖書の素晴らしさを体験できるような工夫がなされている。

聖書の40の話を読み終わると、最後に「神さまのよい知らせ」と題した福音への招きのメッセージが用意されているので、子どもだけでなく、聖書を読んだことのない大人に向けた伝道ツールとしても用いることができる。スマートフォンにダウンロードしておけば、いつでもどこでも、そこで聖書の学びを始めることができるだろう。また、このアプリはインドネシア語、ドイツ語、トルコ語、アラビア語など世界10カ国語以上で展開されているので、日本においても国籍を超えた伝道のツールとして活用されることが期待できる。

日本語版を制作したワンホープ日本(東京都豊島区)は、このアプリを通して御言葉を受け取った子どもと青年の人生が、御言葉によって変えられることを願っているという。「子どもたちが若いうちに聖書のお話を体験してその魅力を味わえたら、何てステキでしょう? ついにできました! 子ども聖書アプリ。無料でダウンロードできる、触れて楽しめるアニメーションを通して、聖書の素晴らしさを、いつでも、どこでも体験できます。教会学校で使って、おうちで親子一緒に読んで。聖書を大事にする信仰を次世代に継承しましょう!」と、ダウンロードを呼び掛けている。

子ども聖書アプリのダウンロードは、こちらから。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
4月10日午前7時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 5,547
(+511)
1,587,209
(+82,837)
死者数 108
(+4)
94,850
(+6,287)
回復者数 685
(+53)
353,291
(+16,217)
<出典> 日本:JX通信社, 厚労省 世界:JH CSSE, WHO
※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース