フェイスブックのザッカーバーグCEO「以前よりも宗教的になった」

2020年2月13日07時48分 印刷
+フェイスブックのザッカーバーグCEO「以前よりも宗教的になった」
マーク・ザッカーバーグ氏=2012年(写真:TechCrunch)

米フェイスブック社のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)(35)が最近、この数年に味わった苦境の中で、自身が「以前よりも宗教的」になったと語った。

同社をめぐってはこれまで、反保守的な傾向があるとか、複数の選挙に影響を及ぼしたなどと非難する声があり、ザッカーバーグ氏自身は、米連邦議会で証言することを余儀なくなされたこともあった。

地元のデザート・ニュース紙(英語)によると、ザッカーバーグ氏は、米ユタ州シリコンスロープスで開催された技術サミットで、この数年に受けた霊的影響について話すとともに、仕事の重責を果たしながらも良き父親であろうとしてきた葛藤について明かした。

「ここ数年は私にとって本当に心砕かれる期間で、私は以前よりも宗教的になりました」

ザッカーバーグ氏は「自分よりも大きな」存在に信頼することが重要だと語る一方、今後は仕事よりも家族を常に重視していくと述べた。

「人は皆、自分が自分自身よりも大きなものの一部であると感じる必要があります」

「私は毎晩、娘たちを寝かせようと努めています。いつもできるわけではないのですが、そうすることは私にとって大切なことです」

「仕事は重要です・・・。しかし、つまるところ、私たちは皆、人間ですから、家族や友人が必要ですし、地域社会が必要なのです」

ザッカーバーグ氏はかつて無神論者だと語っていたが、2016年にはフェイスブック・ユーザーとのやり取りの中で、無神論者であることを否定し、「僕はユダヤ教徒として育てられ、その後、疑問に思う時期もあったけど、今は宗教がとても重要だと考えている」と答えていた。(関連記事:脱無神論明言のフェイスブックCEO、牧師らと面会 キリスト教に接近?

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース