「阪神宗教者の会」1月例会 「聖書にみる食物と健康」主題に大鶴勝氏

2020年1月22日14時31分 印刷
関連タグ:阪神宗教者の会

「阪神宗教者の会」は1月24日(金)午後5時〜7時、西福寺(兵庫県西宮市)で1月の例会を開催する。話し手は、武庫川女子大学名誉教授の大鶴勝(まさる)氏。「聖書にみる食物と健康」をテーマに語る。参加無料。

阪神宗教者の会は、東日本大震災後、キリスト教の牧師、仏教の住職、神道の禰宣(ねぎ)の3人が集まって始まった会。それぞれが被災した東北を訪問し現地報告をしながら、阪神・淡路大震災時も含め、被災者の心のケアが十分にできなかったことを反省。一方、東日本大震災では慰霊の際、聖職者が公的な場で敬遠されるなど憂慮する点もあった。そうした中、同会では、宗教者の視点で復旧、復興、再建について意見を交換している。例会は毎月第4金曜日午後5時〜7時。

大鶴氏のプロフィールは下記の通り。

大鶴勝

1943年大阪府生まれ。65年静岡大学農学部卒業。京都大学食糧科学研究所助手、山口女子大学家政学部教授を経て、武庫川女子大学生活環境学部教授、現同大名誉教授。その他、山口県技術アドバイザー(76~93年)、山口県米穀流通適正化協議会委員(84~93年)、日本栄養・食糧学会全国理事(2008~10年)などを務めた。農学博士。著書に『食品学総論』『食品学実験』『総合調理科学事典』(いずれも共著)など。

日時: 2020年1月24日(金)午後5時〜7時
場所: 西福寺
兵庫県西宮市西福町14ー1
JR西宮駅北側徒歩3分、駐車場あり

関連タグ:阪神宗教者の会

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース