7900万人をキリストに導いた男、ラインハルト・ボンケ氏死去 79歳

2019年12月10日17時16分 印刷
+ラインハルト・ボンケ
伝道団体「クライスト・フォー・オール・ネイションズ」(CfaN)創設者のラインハルト・ボンケ氏(写真:CfaN)

伝道団体「クライスト・フォー・オール・ネイションズ」(CfaN)の創設者、ラインハルト・ボンケ氏が7日、死去した。79歳だった。ドイツ出身のペンテコステ派の大衆伝道者であるボンケ氏は、1969年に妻子と共にアフリカ南部のレソト王国に移住。74年にCfaNを設立し、以来CfaNの働きを通して世界で7900万人をキリストに導いてきた。

妻のアニーさんと家族が出した声明(英語)によると、ボンケ氏は家族に見守られながら、平安の内に息を引き取った。アニーさんらは声明で「この60年間、彼は世界中で光り輝くイエスの福音を伝えてきました」とコメント。「彼と親族一同を代表し、皆様の温かい愛と、その揺るぎない支援に感謝します。それによって彼は、数え切れない人々に無類の救いのメッセージを伝えることができました」と謝意を伝え、最後にヨハネによる黙示録15章3~4節を引用した。

CfaNの働きは、特にアフリカで大きな成功を収めた。ナイジェリア最大の都市ラゴスで2000年に開催した伝道大会は、CfaN史上最大規模となり、5日間で600万人が参加。300〜400万人がキリストを受け入れる決断をするか、キリストにある信仰を再確認した。CfaNの現代表であるダニエル・コレンダ氏は追悼の言葉(英語)で、「彼の働きによりこの大陸(アフリカ)が変わったと言っても、言い過ぎではないでしょう」と述べ、その偉業をたたえた。

ボンケ氏は、健康上の理由から7年前にフルタイムの奉仕者を引退。その後は、コレンダ氏にCfaNを委ねていた。77歳だった2017年10月には、ラゴスで自身最後の伝道大会を開催。5夜連続で行われた大会には、200万人以上が参加したと伝えられている(関連記事:次世代に信仰の継承を CfaN創設者のラインハルト・ボンケ氏が最後のクルセード)。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース