新シリーズ「講解説教と霊的成長」 第9回オルフォード講解説教セミナー 東京で11月12〜15日

2019年11月7日15時59分 印刷
+新シリーズ「講解説教と霊的成長」 第9回オルフォード講解説教セミナー 東京で11月12〜15日

第9回オルフォード講解説教セミナー(スティーブン・オルフォード・インスティテュート日本校主催)が11月12日から15日まで、ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会(東京都新宿区)で開かれる。講師は共にケズィック・コンベンションの名説教者として知られる、米スティーブン・オルフォード説教研修センター総裁のデビッド・オルフォード氏と、カナダ・プレーリー聖書学院名誉学長のテッド・レンドル氏。

世界的に著名な名説教者、故スティーブン・オルフォード氏が、世界各地から説教者を招いて毎年主宰してきた本格的な説教者育成のセミナー。今年は、昨年秋の関西でのセミナーで好評だった新シリーズ「講解説教と霊的成長」を学ぶ。このコースは、主にあるクリスチャンをキリストの御姿に成長するよう助けることを目的とした講解説教の学びで、1)霊的な成熟と未熟の意味を明確にする、2)説教者の真の霊的成長を促進する、3)地域教会の霊的成長を助けることをポイントにしている。

参加対象は教職者、牧師夫人、神学生、信徒(牧師推薦)。参加費は全参加2万円(受講料、テキスト代を含む)、部分聴講は1講座1200円、共通テキスト代3000円。神学生は半額(要在籍証明)。参加申し込み・問い合わせは、日本ケズィック・コンベンション事務局(電話・FAX:03・3291・1910、メール:jkeswick@snow.plala.or.jp)。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月8日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 4,257
(+351)
1,275,104
(+68,514)
死者数 81
(+1)
72,523
(+5,013)
回復者数 622
(+30)
297,401
(+22,712)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース