「神は6日間で世界を創造された」 米保守派ルーテル教会が総会で決議

2019年8月1日05時31分 印刷
+「神は6日間で世界を創造された」 米保守派ルーテル教会が総会で決議
ルーテル教会ミズーリ・シノドの第67回定期総会が開かれた米フロリダ州のタンパ・コンベンション・センター(写真:Matthew Paulson)

米国の保守的なルター派教団である「ルーテル教会ミズーリ・シノド」は7月20~25日、米フロリダ州タンパで第67回定期総会を開催し、神が「自然な6日間で(in six natural days)」地球を創造されたとする信条を決議した。

総会期間中の23日に決議されたのは、「聖書的な6日間の創造を告白する」と題した第5-09A決議案。

「自然な日」という期間について決議案は、「これらの自然な日が示す期間は、御言葉で次のように宣言されていることをわれわれは告白する。『夕べがあり、朝があった。第一の日である』」と説明している。

この決議案はまた、進化論を否定し、アダムは最初の人であり、その創造は「歴史的出来事」だとしている。

同教団の専門委員会で委員を務めるアダム・クーンツ牧師は、総会の出席者らに対し、次のように語り、決議の重要性を説明した。

「第5-09A決議案は重要です。なぜなら、神の創造に関する現実を肯定する必要があるからです。特に、状況的に神が人を創造されたと言いづらい場合はなおさらです」

決議案をめぐっては、議論が交わされる場面もあった。ある信徒代議員は、「自然な」とされる1日が24時間と定義されることに懸念を表明。「神が1日24時間の6日間で世界を創造したという聖書箇所を私は思い出せません」と述べた。一方で別の参加者は、「自然な」という言葉の定義について、「明確さに欠ける」と指摘した。

しかし、決議案支持者らは、「自然な」という用語は聖書の言葉で定義されるとし、1日とは夕方と朝がある期間を示すとした。

「自然な」という言葉の削除を提案する修正案も審議されたが、反対662票、賛成309票で修正案は否決された。

第5-09A決議案は、信仰と科学に関する資料を会衆に提供するよう牧師らに呼び掛け、1932年に採択された決議をはじめとする、起源の議論に関する過去の決議を引用した。

1932年の決議は次のように述べている。

「私たちは、神が天と地を造られたことを教えます。また聖書、特に創世記1章と2章に書かれた力ある創造的な御言葉という手段により、6日間という時間で神が天と地を造られたと教えます。私たちは、聖書で教えられている創造の御業を否定したり、制限したりするあらゆる教義を退けます」

「神が天地創造を喜ばれたとき、人間は誰一人存在しませんでした。それ故、私たちは、聖書という神の本に記された神ご自身の記録に、創造に関する信頼できる説明を求めなければなりません。私たちは、全き確信をもって神ご自身の記録を受け入れ、ルターのカテキズム(小信仰問答書)を告白します。『私は、神が他の被造物と共に私を造ったということを信じます』」

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース