牧師ら17人拉致、武装グループが20人以上で教会襲撃 ナイジェリア

2019年5月22日11時07分 印刷
関連タグ:ナイジェリア

ナイジェリア中部カドゥナ州の村で19日未明、20人以上の武装した男らが教会を襲い、牧師とその娘ら計17人を拉致する事件が発生した。現地の指導者によると、同州の別の村では1人が殺害されたという。ナイジェリアの複数のメディアが伝えた。

ナイジェリアの「ザ・ケーブル」(英語)や「ザ・ネイション」(英語)が伝えたところによると、同州内の複数の村が19日未明、武装グループから襲撃を受けた。このうちダンカンデ村では、ウィニング・オール福音教会(ECWA)所属の教会を、20人以上の武装した男らが取り囲み、ザカリヤ・イド牧師とイド牧師の娘、また他の15人を拉致した。拉致された人の中には、アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団所属の牧師の息子も含まれていたという。ECWAは、ナイジェリアで最も大きなプロテスタント教派の一つ。

目撃者によると、教会が襲われたのは19日午前0時半ごろで、当時は聖歌隊の練習が行われていた。この教会では通常、聖歌隊の練習を土曜日午後9時から日曜日午前1時まで行っており、練習中を狙われたという。

「私たちが教会にいると、20人以上の武器を持った男たちが教会を取り囲み、発砲し始めました。みんな怖がりましたが、すでに教会を包囲されていたので逃げるすべがありませんでした」

一方、ググワクワテ村の指導者はザ・ケーブルに対し、兄の息子が襲撃で殺されたと語った。「盗賊まがいの彼らが私たちの村を襲うのは、これが5回目です。約2カ月前には、農場で2人が拉致されました」と言う。

関連タグ:ナイジェリア

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング