ボコ・ハラムが牧師と信徒の一行を拉致、支援物資運搬の途上

2019年5月9日21時57分 印刷
+ボコ・ハラムが牧師と信徒の一行を拉致、支援物資運搬の途上
(画像:Uwe Dedering)

ナイジェリア北東部ボルノ州で、避難民に支援物資を届けるため車で移動していた牧師と信徒数人が、イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」のメンバーとみられる集団に拉致される事件が発生した。

ナイジェリアの全国青少年奉仕隊(NYSC)でコーディネーターを務めるラビウ・アミヌ氏は6日、隊員のアブラハム・アムタさんと、リビング・フェイス教会の牧師や信徒たちが4月10日に拉致されたことを明らかにした。アムタさんも、同教会のメンバーだという。

ナイジェリアのニュースサイト「アレワ」(英語)によると、一行はボルノ州の州都マイドゥグリから、州南部のチボクに向かう途上で拉致された。チボクの避難民に支援物資を届ける目的だったが、武装集団が一行の乗った車を襲撃したという。

NYSCは、リビング・フェイス教会を訪問し拉致の事実を確認。警察当局は3日、アミヌ氏に事件に関して電話で連絡をし、全力を挙げて事件に対処すると約束したという。

アムタさんの同僚のサクセス・エゼアンヤさんはツイッターに、「彼(アムタ)は自分の教会の牧師と一緒に伝道に出掛けました。彼は一人息子です。忘れずに彼のことを祈りに覚えてください」と投稿した。

エゼアンヤさんが教会員からの情報として、ナイジェリアの英字日刊紙「パンチ」(英語)に話したところによると、ボコ・ハラムは身代金として2億ナイラ(約6千万円)を要求しているという。パンチ紙によると、今回の事件ではアムタさんの他、教会のメンバー3人が拉致された。

リビング・フェイス教会(旧ウィナーズ・チャペル)は、1983年にデイビッド・オイェデポ牧師によって設立されたナイジェリアのメガチャーチで、現在は65カ国に広がっている。

迫害監視団体「米国オープン・ドアーズ」は、キリスト教徒に対する迫害のひどい国をまとめた「ワールド・ウォッチ・リスト2019」(英語)で、ナイジェリアを迫害がひどい12番目の国に位置付けている。ボコ・ハラムが北東部とチャド湖周辺で支配力を持っていることが大きな原因となっている。

ナイジェリアのキリスト教NGO「市民の自由と法の支配国際協会」が今月初めに発表したところによると、すでに2019年に入って、ボコ・ハラムの戦闘員により200人余りが殺害されたという。

ボコ・ハラムはここ数年、ナイジェリアやニジェール、チャド、カメルーンなどでテロ活動を展開しており、殺害されたり拉致されたりした人は数千人に達している。

世界テロ指数」(2018年版、英語)によると、ナイジェリアにおける17年のテロによる死者は62パーセントがボルノ州で発生している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング