一日一笑 佐々木満男

2019年2月1日16時22分 コラムニスト : 佐々木満男 印刷
関連タグ:佐々木満男

陽気な心は健康を良くし、陰気な心は骨を枯らす。(箴言17:22)

「一日一笑」。これが私のモットーである。

檻の中のオランウータンが、観客がやる簡単な手品をガラス越しに見て、両手を叩いて仰向けにひっくり返り大笑いしているシーンをユーチューブで見た。そんな些細なことで大笑いできるオランウータンをうらやましいと思う。

弁護士という職業柄、法廷闘争を含めて戦う場面が多い。毎日が緊張の連続で、1日に1度も笑わないこともある。朝の裁判に出廷する日は、家を出る前から戦闘ムードに入ってしまい、道行く人たちをにらみ付けて歩いている自分を意識することがある。鬼検事ならぬ鬼弁護士である。

では、闘争心旺盛で闘ったら良い結果が出るかというと、必ずしもそうでもない。相手も感情的になりとことん闘ってくるから、途中で話し合いによる和解ができない。そして、勝っても負けても、どちらかが納得できず、控訴、上告までいってしまうことが多い。

悪と闘うことは必要である。でも、闘いの最中にあっても、こちらが穏やかにして、時には笑顔で対応していると、相手も穏やかになり、自然体で話し合いが進み、あっという間に問題が和解することもある。

というわけで、「1日に1度はお腹の底から笑おう!」と決心して、「一日一笑」を心掛けている。本当は、「笑えない時ほど笑うべき」なのだ。

「病は気から」と言うが、病気の主な原因は、心配、不安、恐れ、怒り、ねたみ、憎しみなどの暗い思いに支配されていることにあると思う。

逆に、「笑う門には福来たる」と言うように、神の究極の勝利を確信して、平安、愛、喜び、希望、赦(ゆる)し、寛容、忍耐などの明るい気持ちに満たされ、いつも笑っていれば、病気にもならない。おかげで、私はもう50年近く病院に行ったことがない。

佐々木満男

佐々木満男(ささき・みつお)

弁護士。東京大学法学部卒、モナシュ大学法科大学院卒、法学修士(LL. M)。インターナショナルVIPクラブ東京大学顧問。

関連タグ:佐々木満男

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング