上智大・関西学院大、19日に連携協定記念シンポジウム「変革する大学」

2019年2月1日15時24分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

昨年6月に連携協定を締結した上智大学(東京都千代田区)と関西学院大学(兵庫県西宮市)は19日、上智大で連携協定記念シンポジウム「変革する大学〜IR・ポートフォリオ・クラウドの展開と可能性について」を共同開催する。大学教職員を対象としたシンポジウムで、参加は無料(情報交換会は会費2千円)。

両大は昨年6月、「キリスト教の精神を基に、国際性の高い教育研究を展開し、隣人・社会・世界に貢献する」という共通理念の実現を目的として、連携協定を締結した。記念シンポジウムでは、両大が力を入れるIR(Institutional Research、大学の経営・教育改善のための調査・検証活動)やポートフォリオ(学生による学修過程・成果の記録)の導入、学内システムのクラウド化について、両大の事例からその効果と課題を学び、変化の激しい時代における大学の在り方や可能性について考える。

申し込みは、件名を「2月19日変革する大学申込」とし、①名前、②所属大学、③所属部署、④役職、⑤メールアドレス、⑥情報交換会の参加有無を記載し、メールで関西学院大高等教育推進センター(HighEdu@kwansei.ac.jp)まで。2月15日(金)申し込み締め切り。申込者数が定員を上回った場合、参加できない場合もある。問い合わせは、同センター(電話:0798・54・7420)。

【プログラム】

◆ 開会挨拶 曄道佳明(上智大学長)

◆ 基調講演 玉上晃(文部科学省大臣官房審議官〔高等教育局及び高大接続担当〕)
「高等教育政策の動向―教育の質の保証と情報公表を中心に」

◆ 事例発表① 相生芳晴(上智学院IR推進室室長、情報システム室)
「上智大学におけるIRの取り組みと、教学支援システム Loyola のAWS移行について」

◆ 事例発表② 豊原法彦(関西学院大経済学部教授、高等教育推進センター長)
「関西学院大学におけるポートフォリオの取り組みについて」

◆ 課題設定 江原昭博(関西学院大教育学部准教授、評価情報分析室副室長、高等教育推進センター副長)
「IR・ポートフォリオの今日的課題」

◆ パネルディスカッション・質疑応答
コーディネーター:江原昭博
パネリスト:玉上晃、藤村正之(上智大総合人間科学部教授、高大連携担当副学長、IR教学部会長)、相生芳晴、豊原法彦

◆ 閉会挨拶 村田治(関西学院大学長)

◆ 情報交換会

日時: 2019年2月19日(火)午後1時〜5時半(同12時半開場)
場所: 上智大四谷キャンパス6号館(ソフィアタワー)1階101教室
東京都千代田区紀尾井町7ー1
費用: 無料(情報交換会は会費2千円)

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング