第4回賀川豊彦シンポジウム「地域とくらし―今、女性の視点から考える」 早稲田大で11月10日

2018年11月9日13時24分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:賀川豊彦
+第4回賀川豊彦シンポジウム「地域とくらし―今、女性の視点から考える」 早稲田大で11月10日
- 広告 -

第4回賀川豊彦シンポジウム「地域とくらし―今、女性の視点から考える」が、11月10日(土)午後1時半から4時半まで、早稲田大学早稲田キャンパス14号館(東京都新宿区西早稲田1−6−1)で開催される。

同シンポジウムは2015年にスタートした。第1回では賀川豊彦・ハル夫妻が行った事業を再評価し、第2・3回では、賀川が中心的に取り組んだ労働組合・協同組合などの「助け合い」の社会づくりの重要性を確認した。第4回となる今回は、具体的な生活の舞台である「地域とくらし」がテーマ。労働組合・諸協同組合を中心に女性の視点から地域とくらしの「困りごと」に取り組んできたパネリストを迎え、超高齢化社会における世代を越えた人と人とのつながりを考える。

パネリストは、日本労働組合総連合会(連合)の南部美智代副事務局長、生活協同組合コープみらいの山内明子執行役員、全国農業協同組合中央会(JA全中)の堀田亜里子JA支援部青年女性対策課長の3人。関西大学商学部の杉本貴志教授がコメンテーターを務め、東京基督教大学大学院の稲垣久和教授がコーディネーターを務める。

賀川豊彦シンポジウム実行委員会、賀川豊彦記念講座委員会、早稲田大学先端社会科学研究所、明治学院大学キリスト教研究所・賀川豊彦研究プロジェクト共催。日本協同組合連携機構(JCA)、日本協同組合学会、賀川豊彦学会、キリスト新聞社、東京基督教大学共立基督教研究所・公共福祉研究センター協賛。

参加は無料だが、事前申し込みが必要。申し込みは、専用フォーム、FAX(0476・46・1292)、またはメール(ntaka@tci.ac.jp)で(担当:共立基督教研究所・高橋)。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:賀川豊彦

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング