ルーテル東京教会で第3期ステファンミニストリー・トレーニング開始へ 9月30日締め切り

2018年9月12日16時32分 印刷
+ルーテル東京教会で第3期ステファンミニストリー・トレーニング開始へ 9月30日締め切り

さまざまな困難にある人々に対し、教会の信徒が一対一のケアを提供するための信徒牧会者養成講座「ステファンミニストリー」の第3期トレーニングが、東京・大久保の日本福音ルーテル東京教会で10月20日から始まる。

「ステファンミニストリー」は、ルター派牧師で精神科医のケネス・ハーグ氏が提唱して全米に広がり、カトリックやペンテコステ派の教会を含む超教派の1万3千教会が取り入れている。これまでに7万5千人の牧師、60万人の信徒がトレーニングを受けた。

来年8月1日までの期間中、毎月2回のペースで聖書学と心理学をベースにした全20回のトレーニングを実施する。参加費用は1万円。参加申し込みは9月30日締め切り。トレーニングの日程や申し込み方法について詳しくは、日本福音ルーテル東京教会のホームページ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング