袴田事件、東京高裁が再審認めず 死刑執行停止、釈放は継続

2018年6月11日17時39分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:袴田巖死刑冤罪
+「一刻も早く袴田巖さんの再審開始を!!」 8日に国会前で"2016・バースデーアクション"
釈放後、死刑を考える国際シンポジウムで発言する袴田巖さん(中)と、袴田さんの姉の秀子さん(右)=2014年10月23日、衆議院第1議員会館(東京都千代田区)で
- 広告 -

1966年に起きた一家4人の殺人事件で死刑が確定し、半世紀以上無罪を訴え続けているカトリック信徒の袴田巌(はかまだ・いわお)さん(82)=浜松市=について、東京高裁は11日、再審請求を認めない決定をした。事件をめぐっては静岡地裁が14年、再審開始を決定。袴田さんは逮捕から48年ぶりに釈放されたが、検察が即時拮抗していた。弁護側は高裁決定を不服とし、最高裁に特別拮抗する方針。国内各紙が伝えた。

静岡地裁は、証拠とされた袴田さんのものとされる犯行時の衣類5点について、衣類に残っていた血痕が、弁護側のDNA型鑑定の結果、袴田さんや被害者のものと一致しないことが分かったとし、新証拠として認定。衣類が事件の1年2カ月後に発見されたこともあり、捏造(ねつぞう)の可能性も示唆し、再審開始を決定していた。

弁護側は本田克也・筑波大学教授に依頼してDNA型鑑定を行っていたが、東京高裁はその検証を、検察側推薦の鈴木広一・大阪医科大学教授に依頼。鈴木氏は昨年6月、本田氏の鑑定手法を否定する報告書を提出していた。

東京高裁は、再審請求は取り消したものの、袴田さんの年齢や健康状態などを考慮し、死刑と拘置の執行停止は取り消さなかった。

1936年、静岡県雄踏町(現浜松市)に生まれた袴田さんは59年に上京し、プロボクサーとして活躍した。その後、同県清水市(現静岡市清水区)のみそ製造会社に勤務。66年6月30日未明に、同社専務の男性方から出火し、男性を含む家族4人が亡くなる事件が発生した。袴田さんは8月18日に容疑者として逮捕され、連日長時間の取り調べを受けて「自白」。公判では無罪を主張したが、80年に最高裁で死刑が確定した。

84年のクリスマスイブに、獄中で教誨師の故・志村辰弥神父から受洗。獄中では聖書を読んでは祈っていたという。92年には、獄中で書きつづった身の潔白と再審を願う祈り、家族への思いなどが支援団体の編集でまとめられ『主よ、いつまでですか』(新教出版社)として出版されている。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:袴田巖死刑冤罪

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング