依然として沈静化の見通し立たず、インド暴動

2008年9月5日23時23分 印刷
+オリッサ州で先月末から発生している暴動に講義するキリスト教徒と市民活動家ら=8月29日、インド・ニューデリーで(AP)

 インド東部のオリッサ州で発生したヒンドゥー教徒によるキリスト教徒に対する暴動は、発生後すでに1週間以上が経過したが沈静化の見通しは立っておらず、事態のさらなる悪化が懸念されている。



 現地のキリスト教団体「オーディオ・スクリプチャー・ミニストリー」で活動するJP・サンダーラジャンさんは、米福音派系通信のミッション・ネットワーク・ニュース(MNN)に対し、「この暴動は沈静化するものとばかりと思っていたが、その兆しが全く見えない。実際に事態は悪化の一途をたどっている」と、依然として事態の収拾に向けた見通しが立っていない状況を語った。



 暴動により、これまで最低でも16人が殺害され、ロイター通信によればそのほとんどがキリスト教徒だという。数百棟の民家が放火され、暴動の被害を免れようと数千人が政府の建物や避難キャンプ、州内の森林地帯への避難することを強いられる状況にある。



 地元警察は、暴動の発端となったヒンドゥー教徒指導者の殺害が毛沢東主義の反抗勢力によるものとしているが、ヒンドゥー教過激派は、殺害がキリスト教の過激派によるものだと主張している。これに対し、多くのキリスト教指導者らは、キリスト教徒に対する迫害の口実にしているにしか過ぎないと非難している。



 暴動が発生している同州は、歴史的にヒンドゥー教徒とキリスト教徒の間で衝突が続く地で、昨年の12月にもクリスマスの前日から暴動が発生。6人が死亡し、キリスト教徒が住む民家約600棟が焼失、60以上の教会が放火に遭い、5000人以上が避難を強いられた。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

の最新記事 の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース