「主と共に歩みなさい」 ビリー・グラハム氏の遺言公開 妻との思い出、所有物に関する勧めも

2018年5月25日23時29分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+「私の家は天にある」 ビリー・グラハム名言集
妻のルースさんと笑顔で手をつなぐビリー・グラハム氏(写真:息子のフランクリン・グラハム氏のフェイスブックより)
- 広告 -

今年2月、99歳で召天した世界的な伝道者ビリー・グラハム氏の遺言が公開された。

グラハム氏は遺言で、先に召された妻ルースさんとの思い出や、所有物に関する勧めを述べているほか、遺された家族に対しては、いかなる犠牲を払ってもイエス・キリストの側に立つよう勧めている。

グラハム氏の故郷である米ノースカロライナ州シャーロットの地元メディア「WSOCーTV」(ABC系列)は18日、16ページにわたるグラハム氏の遺言の写しを公開した。遺言は全部で8章から成り、第1章は「家族への遺言」と題され、グラハム氏が十代で入信したときに「喜びと平安」を得たことや、家族へ向けた言葉がつづられている。

「私の子どもと孫には、万難を排し、いかなる個人的犠牲を払ってでも、主イエス・キリストがささげられた血潮のみによる完全なる罪の贖(あがな)いという祝福された教義を保持し、また守るようお願いする。私はあなたがた全員に勧める。主と共に歩み、この世から離れ、永遠に価値あるものに目を留めなさい」

グラハム氏はまた、日々聖書を読み、救いの道であるイエス・キリストに信頼するよう家族に勧めている。

一方、地球上での生涯は短かったと回想し、1940年12月にルースさんと初めてデートしてから3年足らずで結婚したことにも言及。「キリストの故に、あなたがたの母と私は、素晴らしく、スリリングで楽しい人生を過ごせた」と語った。しかし他の夫婦同様、2人もさまざまな問題や苦しみを経験したと述べ、「私は、ルースが献身と愛、忠実さと犠牲の生涯を送ってくれたことに感謝したい。私が出会ったすべての人の中で、彼女は最も偉大なキリスト者だった」と、妻への深い感謝と尊敬を示した。

続けてグラハム氏は、残余資産の1割を「主の働きにささげる」よう家族に伝えた。得たものの十分の一をささげることは、グラハム夫妻が結婚当初から決めていたことだという。2人は「物質的なものにとらわれない」ようにしてきたと言い、次のように述べている。

「イエスは『どんな貪欲にも注意を払い、用心しなさい。有り余るほど物を持っていても、人の命は財産によってどうすることもできないからである』と言われた。私たちはこれが真実であることが本当に分かった。

私は人生の初期において、自分のものと呼べるものはほとんど持っていなかった。結婚してから数年間も、私たちには持てるものがほとんどなかった。私たちは、多く与えられることを夢見たことがまったくなかった。物質的な祝福を神の栄光のために用いるよう努め、物質的な祝福から自分たちを切り離すよう心掛けてきた。

自分たちの根をこの世に深く下ろそうと考えたことは一度もなく、それらにとらわれずに生きることを望んだ。そうすれば、それらのものが突然取り去られても、動揺することがないからだ。

しかし、私は告白せねばならない。主の僕としてどのくらいの生活水準を維持するかについて、常に一定のジレンマに直面していたと。私たちは長年、適切なレベルを維持してきたと感じている」

そして最後には次のようにつづっている。

「私が物事を適切に取り扱えたか否かについては、キリストの裁きの御座で主のご判断を待つことになる。その時すべてが明らかにされるからだ。私は主の御前で最善を尽くした。私が遺すものを管理するのは自分たちだけであると、あなたがたが認めてくれると私は固く信じている」

残りの第2章から第8章までは、遺言の法的側面に関するものだった。

日本を含む世界185カ国・地域を巡り、2億1500万人に福音を伝えたグラハム氏。その世界規模の活躍と成功にもかかわらず、自身は簡素で控え目な生活を願うことで知られていた。その姿勢は墓標にも表れている。

「主と共に歩みなさい」 ビリー・グラハム氏の遺言公開 妻との思い出、所有物に関する勧めも
ビリー・グラハム氏の墓(写真:同)

シャーロットにある「ビリー・グラハム図書館」の敷地内に、妻ルースさんと共に眠るグラハム氏の墓石には、十字架と共に次のように刻まれている。

ビリー・グラハム
1918年11月7日−2018年2月21日
主イエス・キリストの福音の説教者
ヨハネによる福音書14章6節

グラハム氏が最後に選んだ聖句は、「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない」(ヨハネ14:6)というイエス・キリスト自身の言葉だった。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング