牧師の小窓(83)ビリー・グラハム「人生の最終章」 福江等

2017年6月4日07時06分 コラムニスト : 福江等 印刷
+牧師の小窓(83)ビリー・グラハム「人生の最終章」 福江等
ビリー・グラハム牧師(写真:ビリー・グラハム伝道協会)

今回はビリー・グラハム師の書かれた「人生の最終章」(Nearing Home: Life’s Final Destination)という文章を2回にわたって拙訳してみます。

加齢とともに生きる気力が次第に減退していくことに対して、どう対処すればよいでしょうか。聖書にある神のみことばの約束によって、毎日強められなさい。絶えず神に祈りなさい。神が祈りを聞いておられるという確信だけでなく、今この時、主イエスがあなたのためにとりなしておられるという確信に立ちなさい。あなたの思いをキリストに集中しなさい。そして、あなたを励まし助けられる他のキリスト者とつながっていなさい。

聖書のみことばは真実です。「死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、・・・そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません」(ローマ8:38~39)。

私の妻、ルースが召される数週間前、妻はこのみことばを何度も何度も繰り返していました。ルースは常に誰かのことを考えていました。彼女が人生を喜びをもって過ごすことのできた秘訣がこれでした。彼女は決して自分の問題に集中していませんでした。常にキリストに思いを合わせていました。すると、キリストは励ましや聞き役を必要としている人へと彼女を導かれたのです。

96歳になるあるご婦人は「家で1人になる時間がたくさんあるんです」とおっしゃっていました。「ですから、椅子に腰かけて、祈りの課題を祈っていくのです。すると、どうでしょう。あまりにもたくさんの人たちのために祈ることがあって、時間が足りないのですよ」と。

別なご婦人は100歳に手が届くようになっています。彼女は毎週、「高齢者」のために食事を配達するのを手伝っています。この方は他の人々に思いを集中しているのです。主イエスは他の人々を助ける人々を祝福されます。そして、主に喜んでいただくことに集中している人々に、主は恵みを与えられます。

年を重ねることは決して容易なことではありません。しかし、老年には特別な喜びがあります。家族や友達との時間が持てたり、かつての責任から解放されたり、見過ごしてきた小さなことを愛でる喜びなどです。しかし、最大の喜びは、すべてのことを主の御手に委ねることを学ぶにつれて、キリストにますます近づくようになることです。(つづく)

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース