「あなたはひとりではない」と小坂忠さん 東京ホープチャペルの「チャリティーゴスペルコンサート」

2017年12月20日06時36分 記者 : 河西みのり 印刷
関連タグ:小坂忠
+「第20回チャリティーゴスペルコンサート」開催。東京・よみうりホールで
クリスマスのメッセージを伝える西田育生牧師=16日、よみうりホール(東京都千代田区)で(写真:東京ホープチャペル提供)

東京ホープチャペル(東京都台東区)主催の「チャリティークリスマスゴスペルコンサート」が16日、東京・有楽町のよみうりホールで開催された。1998年から続く恒例のイベントで、会場は千人を超える人で溢(あふ)れた。収益金の一部は日本国際飢餓対策機構に寄付される。

20回目を迎えた今年は、レイディ・ルイス&T.N.T.Praise!とギルバート・エスピネリ&Divine Trinity Gospel Choirによる本格的なゴスペル、そして小坂忠さんのソウルフルな歌声がホールに響き渡った。

クリスマスメッセージは同教会の西田育生牧師が語った。

「クリスマスはイエス・キリストの誕生日です。『キリスト』と『ミサ』という2つの言葉が組み合わさってできた言葉で、『キリストの祭り』という意味です。

聖書にはキリストの誕生についてこう書かれています。『きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです』(ルカ2:11、新改訳)

イエス・キリストは、私たちを罪から救うために生まれました。キリストの目的は、失われている人を捜し出して救うこと。ただ、そのために天国から見守ったり、導いたりするのではありません。私たちの痛みや苦しみを理解するため、私たちと同じ姿で生まれたのです。

皆さんの中には、何かに迷い、自分が今どこに向かっているのか分からないと感じている方はいらっしゃらないでしょうか。神の愛を知らなかった16歳の私も、自信がなく、劣等感でいっぱいでした。イエス・キリストに見いだされ、キリストの愛が分かったとき、人生がどんなに素晴らしいものであるかを知ることができました。

物質であれば、なくしても替えがきくかもしれません。しかし、人間には代わりがいません。『生きている意味が分からない』、『生まれてこない方がよかった』と感じている方は、ぜひ祈ってみてください。難しくはありません。目を閉じて、神様に向かって『助けてください』と祈ればいいのです。今日が、イエスの愛に触れて『生きていてもいいんだ』と思ってもらえるきっかけになれば」

「第20回チャリティーゴスペルコンサート」開催。東京・よみうりホールで
スペシャルゲストに小坂忠さんが登場。力強いメッセージと共に4曲を披露した(写真:東京ホープチャペル提供)

スペシャルゲストの小坂さんは、スタンダードナンバーの「What a Wonderful World(この素晴らしき世界)」や、ロサンゼルス五輪(1984年)の際に作ったというオリジナル曲「勝利者」など4曲を披露した。

「ルイ・アームストロングが作ったこの『What a Wonderful World』には、緑の木々や青い空など、特別なことではなく、普段そこにある喜びが歌われています。東北や熊本など、被災地に行って分かったのは、あの震災はそんな日常の幸せを奪ってしまったということ。そして、復興とは、失われた日常を取り戻すことなんだと強く感じます。失ってから大切なことに気付くことがありますが、失うことなく常に恵みを感じていたい。

僕は8月に、3つの臓器を摘出するという、10時間に及ぶ大手術を受けました。50日間の入院を余儀なくされ、入院中に15キロも痩せてしまった。本当に苦しかったのですが、振り返ってみると、恵みの時だったと感じます。それは、一番苦しいときにそばにいてくれたのがイエス・キリストだと分かったからです。そして、世界中の人が僕のために祈ってくれ、力をもらいました。奇跡的に生還して、今こうして歌を歌えることが僕にとって一番の喜びです。

1年で今が最も孤独で苦しいと感じる人もいるでしょう。この時期に、孤独感から自分を傷付けてしまう人も少なくありません。そんな人はぜひ教会で祈ってもらいましょう。あなたはひとりではありません」

「第20回チャリティーゴスペルコンサート」開催。東京・よみうりホールで
ゴスペルクワイヤーと会場も一体となって「きよしこの夜」を歌い、コンサートは締めくくられた(写真:東京ホープチャペル提供)

「アメイジング・グレイス」のメロディーに「ハレルヤ」の歌詞をのせた小坂さんによるコーラスや、コンサートの最後にクワイヤーの全メンバーが歌った「きよしこの夜」など、会場を訪れた人々も共に歌い、クリスマスを祝った。

関連タグ:小坂忠

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

代々木公園のホームレス伝道「通路チャペル」 ココロケアの働き

「神の御心に歩む道こそ、人生で最善の道」 第55回大阪ケズィック

イスラエル建国記念式典に日本のクリスチャン音楽家約40人が出演へ 決起集会に850人

リバイバルの鍵は「ディボーション」と「分かち合い」 台湾で急成長する12教会を視察

「オリンピックは宣教の好機」 米宣教団体SIMが熊本、宮城に派遣の短期宣教師を募集

hi-b.a. 代表スタッフが語る「次世代への信仰継承」 断食祈祷聖会(1)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(2)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(1)

日本の「キリスト教系」信者は192万人、2019年版『宗教年鑑』発表

YWAM東京の実践的伝道セミナー「ミリオンライツ」(後編)祖父と同じ地で受けた伝道への召命

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース