牧師の小窓(102)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その18 天正遣欧少年使節 福江等

2017年10月15日04時27分 コラムニスト : 福江等 印刷
+牧師の小窓(102)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その18 天正遣欧少年使節 福江等
大村市の森園公園にある「天正遣欧少年使節顕彰之像」

今回の雲仙・長崎キリシタンの旅で私たち一行が最後に訪れたのが、天正遣欧少年使節(てんしょうけんおうしょうねんしせつ)で派遣された4人の少年たちの碑です。その碑は、大村市の長崎空港に入る道の交差点にある森園公園に「天正遣欧少年使節顕彰之像」として建てられています。

私はこの4人の少年たちの生涯を考えると、悲しみがこみ上げてきます。少年たちの純粋な奉仕の気持ちとは裏腹に、時の政治権力によって翻弄(ほんろう)され、苦境を強いられた人生を送らねばならなかった彼らの苦悶はいかばかりであったことでしょう。

4人は1582(天正10)年、九州のキリシタン大名、大友宗麟・大村純忠・有馬晴信の名代としてポルトガル、スペイン、イタリア、ローマへと派遣されました。これはもともとイエズス会の宣教師アレッサンドロ・ヴァリニャーノが発案したもので、これらの若き優秀な日本の少年たちに西洋のキリスト教世界を見させ、大いに啓発され、また、西欧キリスト教世界から日本宣教へ協力を取り付けたいという大きな期待がありました。

この4人の少年たちは、いずれも島原半島の日野江城下にあったセミナリヨで学んでいた特別に優秀な少年たちでありました。4人の名前を挙げておきます。

・伊東マンショ(主席正使)大友宗麟の名代。宗麟の血縁。日向国主伊東義祐の孫。
・千々石(ちぢわ)ミゲル(正使)大村純忠の名代。純忠の甥で有馬晴信の従兄弟。
・中浦ジュリアン(副使)
・原マルティノ(副使)

いずれも13歳から15歳の少年であります。1582年に長崎から出帆し、約2年半の船旅の末にポルトガルのリスボンにやっと着いたのでありました。

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース