南スーダンの一部で飢饉宣言、ワールド・ビジョンが緊急食糧支援呼び掛け

2017年3月3日15時56分 記者 : 坂本直子 印刷
+南スーダン一部で飢きん宣言、ワールド・ビジョンが緊急食糧支援呼び掛け
(写真:国連世界食糧計画=WFP / Challiss McDonough)

キリスト教精神に基づき世界の子どもを支援する国際NGO「ワールド・ビジョン・ジャパン」(東京都中野区)は、南スーダンの飢饉(ききん)について国連3機関(世界食糧計画、食糧農業機関、児童基金)が2月20日に共同声明を出したことを受け、緊急食糧支援を呼び掛けている。

最悪レベルの飢餓を示す「飢饉」の宣言が発表されたのは、南スーダン北部ユニティー州の一部地域。10万人が飢餓に直面しており、さらに100万人が飢饉寸前の状態にある。このままの状態が続くと、7月までに550万人が深刻な食糧不足に陥るとみられている。

ワールド・ビジョン・ジャパンは、独立前の紛争中から長期にわたって南スーダンの人々のニーズに寄り添い、栄養・食糧支援、水衛生、教育支援、生計向上のための活動など幅広く行ってきた。2016年度には、国連世界食糧計画との連携によって60万人以上の人々に支援を届けている。そして、今回の飢饉宣言を受け、さらなる支援活動を続けていくという。

南スーダン緊急食糧援助募金は、ホームぺージあるいは郵便振替(00140-4-900664、「南スーダン緊急食糧援助募金のため」と明記の上、「特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン」宛)で申し込むことができる。募金は税制優遇措置(寄付金控除)の対象となる。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース