同志社大一神教センター「フランス社会のなかのカトリシズム『復興』の背景と内実を考える」3月3日

2017年2月16日20時35分 印刷
+同志社大一神教センター「フランス社会のなかのカトリシズム『復興』の背景と内実を考える」3月3日

同志社大学(京都市)一神教学際研究センター主催で3月3日(金)、「フランス社会のなかのカトリシズム『復興』の背景と内実を考える」と題して、フランス高等研究実習院教授のフィリップ・ポルティエ氏の公開講演が行われる。

フランスはフランス革命以来、学校や教育に関するカトリック教会と政治との対立・駆け引きを通じて醸成されてきた「ライシテ」という政教分離の原則がある。しかし近年、カトリックの社会における影響力が増加しているという現象がみられるという。これが「カトリックの復興」と見なすべきものなのか。その動向の背景と内実について、研究者による講演が行われる。

詳細は同志社大学一神教センターのホームページ

日時:2017年3月3日(金)午後5時~7時
場所:同志社大学今出川キャンパス神学館チャペル(京都市市営地下鉄烏丸線「今出川」駅下車)
入場無料・事前申し込み不要・フランス語での講演同時通訳あり

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース