闇から光へ~的外れからの解放~(22)魂と肉体の訓練・その2 佐伯玲子

2016年12月19日07時27分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
関連タグ:佐伯玲子

“サスペンスの帝王”船越英一郎氏主催「ドラマティック・ミュージカル・シアター・マガジン」(以下、マガジン)の舞台出演がきっかけで、お芝居に対する興味がますます募っていきました。私が芸能界に入るきっかけは「ものまね」でしたが、将来は「役者」になるのが夢でした。

「イッセー尾形」さんのように、個性豊かなバイプレイヤーとして、ドラマや舞台・映画に出演し、定期的にライフワークの「一人芝居」ライブをする、そんな役者になりたいと思っていました。しかし、当時の私は、お笑いのおかげで余計な羞恥心もなく、ドラマでも三枚目を演じることはできましたが、ただ若さの勢いで演じていただけで、このまま年齢を重ねていったとき、深みや重みのある演技ができるのだろうか?と悩み始めていました。

将来の自分がどうなっていくのか、という心配から、私の心に「恐れ」が芽生え始めたのです。さらに同時期、舞台俳優の彼との痛~い失恋(>_<)・・・これが引き金となって、その時の自分がどんどん嫌になってしまい、「とにかく変わりたい! 変えたい!」と強く思ったのです。

そんな時でした。「マガジン」の舞台で、ダンサーの男の子G君と出会ったのです。G君は常にきれいに日焼けをしていて、とても素敵に見え、突然「よし! 私も黒くなってやる!」と決意。普通は失恋したら、「きれいになって見返してやる!」と、ダイエットしたり、エステに行ったりするものですが、なぜか私は「色黒の道」を選んだのです。悪魔の欺きだったのでしょうか(笑)? わざわざお金をかけて「将来のシミの素」を作ろうと決めた訳ですから(^^;)

G君に、行きつけの日焼けサロンを紹介してもらい、せっせと通い始めました。私は、テニス部だった中学生以来の、色黒レディーへと変貌していきました。さらに、そこには「EMS」で腹筋をシックスパックにする器具もあり、腹筋を割ることにも執念を燃やしました。「色黒マッチョ女」・・・ボディービルダーを目指している訳でも、サーファーになる訳でもないのに(大体、女優をやりたいのならば、日焼けは禁物なのに・・・)。

そしてある日、いつものように日焼けマシーンの後、EMS運動をしているときでした(この頃には、腹筋だけでなく、二の腕、胸、太ももにも行っていました)・・・常連の男性ボディービルダーさんに、オーナーが話し始めたのです。それが「新興宗教Ⅹ」のことでした!

オーナーは男性に、「とにかく、その先生の言ってることは、実に素晴らしいんです! お墓参りをして、お墓のエネルギーを吸収するだけで、がんが治ったり、仕事運が良くなったりするんですよ! そして、お墓参りの後、その先生の手から流れるエネルギーを受けるとさらにすごいんです!」・・・と、話していました。

それは初めて聞くものでした。「占いではない。壺や仏壇を買えというものでもない。徳を積むために滝に打たれる荒行でもない。当時はやっていた自己啓発的なものとも違う。・・・お墓参りをするだけ?? “先生”からエネルギーをもらうとさらにすごい??・・・知りたい! もっと知りたい!! そこに行ってみたい!!! その先生に会ってみたい!!!!! 」・・・私の興味は大きく膨らんでいきました。

「そこに行けば、今の自分をもっと良く変えることができるかもしれない!」・・・割っている腹筋の腹の底で、強く思いました。「芸能界で成功したい!」という“野心と出世欲"の危険な花がパッと開花しました。そしてついに・・・「私にも紹介してください!!」と、言ってしまったのです。 その瞬間、「闇の世界」への扉が、不気味な低い音を立てながら、ゆっくりと開いたのです。(つづく)

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース