コラム「アトス巡礼紀行」連載中の中西裕人さん、「ナショナルジオグラフィック」12月号で特集掲載

2016年12月4日00時19分 記者 : 土門稔 印刷

本紙でコラム「聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―」を連載している写真家の中西裕人さんの特集「聖山アトス 男だけの祈り」が、11月29日発売の「ナショナルジオグラフィック」日本版12月号の「写真は語る PHOTO JOURNAL」コーナーで、10ページにわたって掲載されている。

コラム「アトス巡礼紀行」連載中の中西裕人さん、「ナショナルジオグラフィック12月号」で特集掲載
コラム「アトス巡礼紀行」連載中の中西裕人さん、「ナショナルジオグラフィック12月号」で特集掲載
コラム「アトス巡礼紀行」連載中の中西裕人さん、「ナショナルジオグラフィック12月号」で特集掲載
コラム「アトス巡礼紀行」連載中の中西裕人さん、「ナショナルジオグラフィック12月号」で特集掲載
コラム「アトス巡礼紀行」連載中の中西裕人さん、「ナショナルジオグラフィック12月号」で特集掲載

ギリシャは国民の95パーセントがキリスト教徒で、その大半がギリシャ正教に属している。ギリシャ北部の幅5キロ、全長約45キロのアトス半島は、ギリシャ政府から独立した宗教自治共和国であり、約千年にわたりギリシャ正教の信仰の聖地とされ、現在20の修道院に約2千人以上の修道士たちが生活しており、世界遺産にも認定されている。

中西裕人さんは1979年生まれ。2014年に日本正ハリストス正教会で洗礼を受け、東京・御茶ノ水にある東京復活大聖堂教会(ニコライ堂)の司祭でもある父・裕一さんと共に、年に数回ギリシャのアトスを訪れ、修道士の生活などに密着した取材を続けている。昨年8月、キャノンギャラリー銀座での展示を皮切りに、全国で写真展も開催してきた。

同特集は「ナショナルジオグラフィック」日本版のウェブサイトでも見ることができる。

中西裕人さんのホームページはこちら

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース