エコール・ド・パリの寵児・藤田嗣治の全貌を紹介 府中市美術館で展覧会

2016年11月17日11時50分 記者 : 坂本直子 印刷
+エコール・ド・パリの寵児・藤田嗣治の全貌を紹介 府中市美術館で展覧会
展覧会の入り口に飾られた藤田嗣治のポートレート=4日、東京・府中市美術館で

モディリアーニやシャガールと並んでエコール・ド・パリの代表的画家として知られる藤田嗣治(1886~1968)の生誕130周年を記念した展覧会「藤田嗣治展―東と西を結ぶ絵画―」が、東京・府中市美術館で開催されている。26歳でフランスに渡り、81歳で没するまで、年代ごとに作品を追い、東と西の間に花開いた藤田嗣治の芸術の全貌を紹介する。大作も含む国内外の主要なコレクション110点を通して、複雑にして多面的な要素を持つ藤田芸術の真髄に触れることができる貴重な展覧会だ。12月11日まで。

81年の生涯の半分近くを、フランスを中心とした異国で送った藤田の芸術は、まさに東と西の文化の上に誕生したもの。しかし一方で、2つの文化に引き裂かれる苦しみも味わっている。展示は、「模索の時代」(1909~18)、「パリ画壇の寵児」(1919~29)、「さまよう画家」(1930~37)、「戦争と国家」(1938~48)、「フランスとの再会」(1949~63)、「平和への祈り」(1952~68)と6つのパートに分かれ、東西の融合と対立に注目しながら、藤田の創作の歩みを紹介する。

同展の見どころについて府中市美術館学芸員の音ゆみ子さんは、「展覧会を見ていただくと、藤田が多面的で複雑な画家であったことがよく分かると思います。藤田の小さな展覧会では、小さな子どもの絵や猫の絵などがあるのですが、今回は、渡仏する前から始まり、エコール・ド・パリ時代を経て、戦争、戦後、晩年の宗教画まで全てご覧いただけます。その中で、藤田の画風が転々としている時期があり、一部の時期だけとっても展覧会になる非常に面白い画家だなと思っています。今回の展覧会は、藤田の芸術の根幹に触れるような、東と西に悩みながら制作をしていたということを知る絶好の機会かと思います」と話す。

エコール・ド・パリの寵児・藤田嗣治の全貌を紹介 府中市美術館で展覧会
「パリ画壇の寵児」と呼ばれた藤田の1923年の作品「5人の裸婦」(写真手前)は、それぞれ五感を表している。裸婦に概念的なものを象徴させるという、西洋絵画の伝統的な表現に取り組んだ意欲作

エコール・ド・パリの寵児として大成功を収めた後も繰り返される毀誉褒貶(きよほうへん)、戦中に描いた戦争画をめぐる責任論。同展では、「乳白色の肌の裸婦像の藤田」を「戦争画の藤田」としてイメージづけることになった戦争画の大作「アッツ島玉砕」を含む戦争画3作も同時に見ることができる。それまでの画風とは全く違ったこれらの作品は、藤田にとって生前唯一日本で広く受け入れられたものであると同時に、戦後の悲劇をもたらすものとなっていくのだ。

近年関心が高まる戦争協力画について音さんは、「藤田は、戦争画を描いて、非常に不幸な運命をたどることになります。ただ、忘れてはならないのは、戦争画というのは、西洋の中では伝統のある画題だということです。ですから洋画家なら誰でも挑戦したいと思っているのではないでしょうか。藤田もその1人で、東と西そのものに向き合っていきたいということが、藤田を戦争画に駆り立てていったところにあると思います。

多くの画家が戦争中に戦争画を描きながら、戦後、藤田は戦争責任を1人で背負わされ、日本を離れることになった、それは1つの見方で、藤田の被害妄想だったかもしれません。しかし、『自分は祖国を捨てたのではない、祖国に捨てられたのだ』と言うほど心の傷が深かったことは間違いありません。ただ、藤田が戦争責任をなすりつけられたと書いてしまうとすごく反発する人がいることも事実です。

戦争責任の問題は、多くの場合、それまでとガラリと作風を変えるとか、謝罪して反省を示すことが基本的には多いのですが、藤田はそうではありませんでした。そういうところで非難する人もいますが、反省の仕方はそれぞれだと思いますし、他の人と違って藤田は反省していないのかといったら、決してそうではないと思います。なので、現代の私たちが藤田の戦争画を見て、倫理的に良いのか悪いのかを判断すべきではないと思っています」と語った。

エコール・ド・パリの寵児・藤田嗣治の全貌を紹介 府中市美術館で展覧会
戦時中、従軍画家として描いた3枚の大作。当時、「アッツ島玉砕」(写真手前)の前にひざまずき、手を合わせながら涙を流す老若男女の姿が見られたという。

藤田の戦争責任の真相についてはいまだ不明なままではあるが、藤田は深い傷を抱えたまま日本を去っていく。フランスに帰化した後、1959年にキリスト教に改宗するのだが、この時期に藤田は多くの宗教画を残している。同展でも、洗礼を受けたノートルダム大聖堂に寄進した「聖母子」をはじめ、「2人の祈り」「キリスト」などが出品されている。そこには「嗣治」のサインはなく、洗礼名である「レオナール」が記されているのが印象的だ。

藤田と宗教画について音さんは、「キリスト教の題材ということで、藤田は20年代の後半からキリスト教の主題の絵を描き始めています。その時は洗礼は受けていないのですが、ただ、キリスト教は、西洋文明の根幹をなすものなので、キリスト教を主題にしたものを描くということは、当時の藤田の1つの戦略でもあったと思います。ローマ法王庁に関係するスイス人が藤田のパトロンでしたし、日本人がキリスト教の絵を描くということが珍しがられたということもありました。

藤田は、中世のキリスト教絵画に影響を受けて、キリスト教の主題を描き始めるわけですが、その後は(特例はありますが)、キリスト教を主題としたものは描いていません。それが戦争画を経て、1959年にフランスで受洗し、多くのキリスト教画を描くようになります。改宗後「レオナール・フジタ」として初めて描かれた作品が、今回展示されている「聖母子」です。これは当時、ノートルダム大聖堂に寄進された記念的作品です。

藤田の改宗については、戦争責任の問題から逃れて、かつて華やかに活躍した場所であったパリに行っても、温かく迎え入れられず、やはり戦争画に関する質問を浴びせられる。ここも決して安住の地ではなかった。その中で、心のよりどころを求めたのがキリスト教だった、というストーリーが描けます。信者ならば、『やはり、最後の救いはキリスト教なのね』で納得するところですが、昨年公開された『FOUJITA』を撮られた小栗康平監督も同じようなことをおっしゃっていますが、藤田が求めたキリスト教とは本当は何だったのか、私たちにはまだ分からない面があります」と藤田の謎を明かした。

エコール・ド・パリの寵児・藤田嗣治の全貌を紹介 府中市美術館で展覧会
1959年に君代夫人とともにカトリックの洗礼を受けたときの写真も展示されている(写真中央)。手前に見えるのは、建設中の礼拝堂。藤田は晩年この礼拝堂の建設と壁画制作に没頭した。藤田自身も眠るこの「平和の聖母」と名付けられた礼拝堂は、訪れる者全てに安寧をもたらす場所になることを願って建設された。

西洋の古典的な画題に日本的な技法を用いて、ヨーロッパの人に認められることを目指した藤田の作品は、「東と西を結ぶ絵画」と呼ぶにふさわしいものであり、当たり前のように西洋化されたものを受け入れ、生きる現代の私たちに多くのことを語り掛ける。

音さんは、「藤田は、早い時期から国際的に活躍し、その中で西洋の伝統に正面から向き合ってきました。単身海外に行き、そこで勝負したわけですから、東と西の違いの大きさを直に感じ、ぶつかったものも大きかったと思います」と、藤田の葛藤や苦しみについて述べた。その一方で、「現代の私たちを見渡すと、当然のように西洋の服を着、西洋の食べ物を食べ、西洋の美術をこぞって見に行くといったことをしていますが、そういうことに対して振り返って考える時期に来ているのではないでしょうか」と話した。

エコール・ド・パリの寵児・藤田嗣治の全貌を紹介 府中市美術館で展覧会
カトリックに改宗後「レオナール・フジタ」として初めて描いた作品「聖母子」(写真左)。当時、ノートルダム大聖堂に寄進された記念的作品

国分寺から見に来たという40代の女性は、「藤田の子どもの絵が好きで見に来た。宗教画のことは知らなかったが、解説を読み悲しい気持ちになった。初期から晩年まで流れに沿った展覧会で、絵が変わっていく様子や、藤田のいろいろな面が見れてとてもよかった」と感想を語った。

開館時間は午前10時から午後5時(入場は午後4時半まで)。月曜日休館。観覧料は、一般1000(800)円、高校生・大学生500(400)円、小学生・中学生200(160)円。( )内は20人以上の団体料金。未就学児および身体障がい者手帳提示者は無料。府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料。なお、同設の牛島憲之記念館も観覧することができる。詳しくは、同展の特設ページ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

ヒルソングが日本語CD「なんて麗しい名」を初リリース 日本の次世代賛美の牽引役となるか? 実際に聴いてみた!

「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」に見るSNS世代の複雑さと素直さ

元AKB48の竹内美宥さん、教会の音楽集会に出演 「苦しいとき、いつも神様に祈った」

有名俳優たちが聖書の世界を忠実に再現 無料アプリ「聴くドラマ聖書」、9月リリース

首都圏最古、かやぶき屋根の「旧手賀教会堂」を守ろう 柏市がふるさと納税活用したCF型募金

礼拝堂に「天使の歌声」が響き渡る! ゴスペル歌手チャリティ・ロックハートさん来日コンサートが大盛況

日本福音ルーテル熊本教会、国の登録有形文化財へ ヴォーリズ晩年の作

「トイ・ストーリー4」に描かれる人の生きざまのリアル

「存在のない子供たち」 誕生日も年齢も知らない・・・ 悲痛なリアリティーを投げ掛ける衝撃の一作

映画「パピヨン」 人間にとっての「自由」「解放」とは何かを問うこん身の一作

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース