大阪府:ついに大阪にも!「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」 国立国際美術館で始まる

2016年10月29日15時57分 印刷
+巨匠ティツィアーノの「受胎告知」も来日!「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」開催中
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ「受胎告知」油彩 / カンヴァス サン・サルヴァドール聖堂所蔵

7月から東京の国立新美術館で開催されていた、日本とイタリアの国交樹立150周年を記念した特別展「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」が、22日から大阪の国立国際美術館で始まった。2017年1月15日(日)まで。(関連記事:巨匠ティツィアーノの「受胎告知」も来日!「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」開催中

1817年に開館したアカデミア美術館(イタリア)は、14世紀から18世紀にかけてのヴェネツィア絵画を中心に、約2千点のコレクションを有する。今回はそのうち、15世紀から17世紀にかけての57点の名画が展示される。ジョヴァンニ・ベッリーニ、クリヴェッリ、カルパッチョ、ティツィアーノ、ティントレット、ヴェロネーゼなど、名だたる巨匠の傑作が一挙に公開される。

中でも最大の見どころが、ヴェネツィア盛期ルネサンスの最大の巨匠、ティツィアーノの「受胎告知」(サン・サルヴァドール聖堂所蔵)だ。

開催期間中の11月19日(土)には、越川倫明(みちあき)・東京芸術大学教授の「ティッツィアーノ 晩年様式の驚異」、12月3日(土)には、宮下規久郎・神戸大学大学院人文学研究科教授の「ヴェネツィア美術の一千年」と題した特別講演会が行われる。いずれも無料(要観覧券・半券可)、先着130人。詳細は同館ホームページで。

主催:国立国際美術館、TBS、朝日新聞社、MBS
 後援:外務省、イタリア大使館
 開館時間:午前10時~午後5時(金曜日は午後7時まで)
 観覧料:一般1500円、大学生1200円、高校生600円

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング