キリシタン史料の修復、和紙の技術で バチカン図書館と日本の研究グループが協力

2016年10月12日11時49分 印刷

【CJC】江戸時代のキリシタン禁制についての史料に関するバチカン(ローマ教皇庁)と日本の研究グループによるワークショップが5、6の両日、バチカン図書館などで開かれ、文書の保存や修復の取り組みが紹介された。和紙を使った修復技術の実演もあり、欧州の専門家らが参加した。共同通信社が報じた。

史料は、1932~50年に大分県を拠点に活動したイタリア出身の宣教師マリオ・マレガ神父(サレジオ会)が、同県臼杵市などで集めたもの。1万点以上がバチカン図書館で2011年に発見された。

これを機会に、史料の調査や、目録化とデジタルデータ化による保存のために、準備段階を経て13年11月、バチカン図書館と日本の大学共同利用機関法人「人間文化研究機構」(総括責任者=国文学研究資料館)が契約し、共同研究「マレガ・プロジェクト」が正式に発足した。

発見された文書群は、大半が新出のもので、未整理状態にある。これらを世界に向けて公開するため、マレガ・プロジェクトは内外の研究機関・関係者の協力を得て、目録作成や保存修復、デジタル画像作成、データベース作成・公開などの基本事業と同時に、史料の学術的価値や可能性を情報発信することを目指している。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース