80歳の引退牧師、別の引退牧師に射殺される 聖書に関する口論で 米国

2016年9月12日11時32分 印刷
関連タグ:アメリカ銃規制
+80歳の引退牧師、別の引退牧師に射殺される 聖書に関する口論で 米国
事件があった米シカゴの老人ホームの看板とテッド・マーチャント容疑者(写真:シカゴ警察)

米シカゴで5日早朝、恐ろしい事件が起きた。バプテスト教会の引退牧師であるアレン・スミス氏(80)が、聖書に関して口論となった67歳の別の引退牧師により銃殺された。加害者の引退牧師は、車いすで生活をしていたという。

地元紙シカゴ・トリビューンによると、スミス氏とテッド・マーチャント容疑者は事件当時、いつものように老人ホームの裏庭で聖書に関して話をしていたが、マーチャント容疑者が銃を取り出し、スミス氏を射殺したという。

同紙によると、マーチャント容疑者は現場から電動式車いすで逃走したが、3区画離れた場所で同日午後1時5分に逮捕された。その後、マーチャント容疑者は第1級殺人の罪で起訴され、拘束された状態で7日、法廷に立たされた。警察によると、銃撃の模様が防犯カメラに映っていたという。

クリスチャンポストは、スミス氏が射殺された詳細についてシカゴ警察に問い合わせたが、メディアによる取材は受け入れられなかった。

コネチカット州ハムデンにあるクリスチャン・タバナクル・バプテスト教会(CTBC)のホームページによると、同教会は、ニューヨーク州での副牧師としての奉仕を終えたスミス氏により、1962年に始められた。

「CTBCは、1962年7月8日に最初の礼拝を行いました。同年8月5日、形成されて間もない礼拝者の群れは、54人の人々を最初の教会員として受け入れました。この新設教会は、エール神学校を卒業したアレン・スミス牧師の指導の下で教会として設立されました。スミス牧師はニューヨーク州ジャマイカ地区にあるセントオールバンズ会衆派教会で、1年間の副牧師職を終了したばかりでした」と、同教会のホームページには書かれている。

CTBCは電話での連絡には応答しなかったが、教会のフェイスブックには、スミス氏の追悼礼拝が7日午後7時に行われるとの投稿があった。

「残念ながら追悼礼拝には出席できませんが、私の心は出席者の皆さんと共にあります。不思議なことに、48年前の今日、私の両親は、スミス牧師の司式で結婚式を挙げました。スミス牧師を心から哀悼します」と、マイケル・ライトさんはこの投稿にコメントした。

ウィルフレッド・シーリーさんは、こうコメントしている。「このような形で神の人が取り去られるのは、とても悲しいことです。これからも日々祈りに覚えたいと思います」

老人ホームの入居者らが同紙に語ったところによると、スミス氏は東シカゴにある第一バプテスト教会を引退した後、約1年前にこの老人ホームに入居してきた。

入居者らによると、マーチャント容疑者は6年前から入居しており、施設の集会室で「ストレート・ゲート」と呼ばれる集会を行っていたという。スミス氏とは、事件現場となった裏庭で、信仰のことについてよく議論していたという。

入居者のドロシー・ハルさん(76)は、「2人はあそこにいることがよくありました」「聖書の内容や神観について話していました。そういった問題で、2人がちょっとした口論になることはよくありました」と言う。

しかしハルさんは、まさかマーチャント容疑者がスミス氏を殺害するとは思わなかったと語った。

「とても驚きました。私は今でも信じられません。マーチャントさんは毎週日曜日の朝、集会室で礼拝を導いていたのですから。あの方も引退した牧師でしたが、ここでは集会を行っていたのです。彼があんなことをするなんて、私には信じられませんでした」

一方、ハルさんは、スミス氏につて、とても人柄が良く、生涯独身で子どももいなかったと話した。

「彼はとても人柄が良く、とても社交的で、とても友好的でした」「世話好きな人で、買い物に行ってくれるなど、いろいろなことをしてくれました」

ABC7ニュースによると、シカゴでは、祝日「レイバーデー(労働者の日)」であった5日、発砲事件により13人が死亡、52人が負傷した。スミス氏はその13人の1人だったことになる。

米紙USAトゥデイによると、米国第3の都市であるシカゴでは今年、これまでに約500件の殺人事件が発生しており、年間の殺人事件の件数が、1990年代の麻薬戦争以降最多に到達するとみられている。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。
関連タグ:アメリカ銃規制

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月8日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 4,257
(+351)
1,275,104
(+68,514)
死者数 81
(+1)
72,523
(+5,013)
回復者数 622
(+30)
297,401
(+22,712)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース