キリスト教に改宗した9歳息子に父親が火を付ける ウガンダ

2016年6月30日17時37分 翻訳者 : 野田欣一 印刷
+キリスト教に改宗した9歳息子に父親が火付ける ウガンダ
ウガンダにおけるカリム県(オレンジ色)の位置(図:Slomox)

迫害関連の情報を発信しているニュースサイト「モーニング・スター・ニュース」によると、イスラム教からキリスト教に改宗したとして、ウガンダの父親が9歳の息子を木にしばり、火を付けたという。

ナシフ・マラガラ君(9)は今月5日、ウガンダ中部カムリ県のカキラ教区の住人と教会を訪れ、クリスチャンになる決心をした。ナシフ君は礼拝の後に祈ってもらい、それからはイスラム教の活動に参加するのをやめた。そのことが、父親と継母を怒らせたという。

「ナシフ君は礼拝が終わっても帰らず、私の後について来て教会の牧師室に入り、救い主としてイエスを受け入れたいと願ったのです」と、その教会の牧師はモーニング・スター・ニュースの記者に語った。

「私は少し戸惑いましたが、その気持ちを続けて訴えるので、彼と一緒に祈りました。そして、ナシフ君は去って行ったのです」

ナシフ君の両親は彼が改宗したことを知り、食事を与えなくなった。ナシフ君は近所の人から、いくらか食べ物をもらったが、父親に捕まってしまった。

「お父さんは棒で僕をたたいてきたのですが、近くのやぶの中になんとか逃げました。それからお父さんは僕を追い掛けてきて、僕を捕まえて家に連れ帰り、バナナの木に僕をしばり付けました。お父さんは家に戻って火の付いたまきを持って戻ってきました。乾いたバナナの葉っぱに火が付いたので、僕の体はひどいやけどをしてしまいました」

近所の人たちが、ナシフ君の叫び声を聞きつけて救助し、カムリ病院に連れて行った。

「ナシフ君は回復していますが、ゆっくりしたペースです。特別な治療のために別の病院に行く必要があるかもしれません」と、カムリ病院のワルワウォ・ズバリ医師は話している。

ナシフ君の父親は逮捕されたが、現在は保釈されている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース