憶測呼ぶ教皇の「アルメニア人虐殺」発言、司牧訪問で再度言及

2016年6月28日13時09分 印刷

【CJC=東京】教皇フランシスコは24日、アルメニアを訪問した際のあいさつで、オスマン帝国(トルコの前身)末期の1915年に多数のアルメニア人が大量殺害された事件に言及した。

教皇は同事件を「前世紀の、民族やイデオロギー、宗教などを理由とする巨大なリストの始まり」と指摘した。もともと用意していた原稿にはなかったという。

教皇は、迫害から100年となった昨年の春、「20世紀最初のジェノサイドだと広く見なされている」と発言し、虐殺を認めていないトルコ政府が抗議、駐バチカン大使を本国に召還する外交問題に発展したことがある。

教皇はまた、24日にローマを出発した直後、同行した記者団に、欧州連合(EU)離脱を選んだ英国民の意思を尊重すべきだと訴え、欧州の「共存」を促した。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース