教会の資料印刷で男性逮捕 中国・広州市

2016年6月25日20時30分 印刷
+教会の資料印刷で男性逮捕 中国
中国の警官(写真:Beijing Patrol)

中国で、キリスト教徒のリー・ホングミンさんが、家の教会のための宗教的な資料を印刷したことで逮捕された。

リーさんは今月6日、中国南部の広東省広州市で、政府の警官たちによって拘束された。慈善団体「チャイナエイド」によると、警察はリーさんの携帯電話や財産を押収し、リーさんを「非合法な事業運営」の罪で告発したという。

チャイナエイドによると、リーさんは連行時、2時間後には家に戻ることができると告げられていた。しかし、釈放はされず、数時間後、警察はリーさんの家に戻り、彼の妻にリーさんが携帯電話を必要としていると言って、彼女をだまし、携帯電話を押収したという。

リーさんの妻はさらに、夫が1週間だけ留置されると告げられ、留置場の料金も払うようにだまされた。

地元のキリスト教徒がその時の状況を、チャイナエイドに次のように説明した。

「その警官たちはリーさんの家に戻って来て、(彼の妻に)夫が携帯電話を必要としていることを話したが、それは彼らがリーさんの携帯電話を手に入れるためだったのです。その後、その夜の内にまた、警官たちはリーさんの所持品を持ち去るために戻って来ました」

「警官たちはリーさんの家族をだまして、留置場の料金を払わせるためにうそをつき、リーさんは7日間だけ留置されると言っていました」

その日の夕方遅く、警官たちは再び戻って来て、リーさんの家を夜間、占拠した。リーさんの妻は印刷された資料は、過激な内容ではなかったと強く主張している。

「私たちが印刷した資料は異端信仰のものではありませんでした」と、彼女はチャイナエイドに話した。「とにかく、それらは共産党に反対するような内容ではありませんでした。かえって、その資料は人々に他の人々を助け、同国人、家、国を愛するように教える内容なのです」

今回の逮捕は、中国当局のキリスト教徒に対する、より広範囲にわたる弾圧の一部に過ぎない。6月初めには、中国東部の河北省邯鄲(かんたん)市で、許可を得ていないとして、警察が祈祷会を中止させるなどしている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース