熊本地震:九州学院院長「試練の時に、主によって最善の道が備えられる」 教育同盟に希望のメッセージ

2016年5月24日22時42分 記者 : 坂本直子 印刷

熊本地震で大きな被害に見舞われた九州学院(熊本市中央区)の阿部英樹院長は、23日付で一般社団法人キリスト教学校教育同盟に寄せたメッセージの中で、「余震がいつ収まるか分からず、復旧と復興に向けた取り組みは緒に就いたばかり」とし、「試練の時に課題は数多くありますが、主によって最善の道が備えられることを信じて、希望をもって歩んでいる」と述べた。

メッセージの冒頭、阿部氏は、「学院が、祈りによって皆様とつながっていることを信じるときに、主イエスを通しての皆さま方との絆を心強く思いますし、皆様の存在がとても身近なものに感じます」と、教育同盟関係者からの祈りと支援に感謝の意を示した。

阿部氏は、建物に甚大な被害を受けつつも、軽度損傷の校舎の復旧工事と安全確認が済み、9日から仮設校舎を使用するなどして通常授業を再開したことを伝えた。

その一方で、1500回以上の余震が続く中、「経験したことのない困難な状況にある生徒、保護者、さらには教職員が多数いる」と述べた。阿部氏によると、50人を超す生徒の家屋が被災して全壊、あるいは住めないほど損壊しており、120人を超す生徒が、震災前の住居で生活することができず、中にはいまだに車中やテントで家族と夜を過ごしている生徒もいるという。

阿部氏は、「今後とも、皆様のお祈りの中に加えて頂けましたら幸いに存じます」と呼び掛けた。

教育同盟は、プロテスタント系の102学校法人によって組織され、共通の問題を研究し、互いの進歩・発展を図る目的で活動している。熊本地震発生直後から熊本地方にある九州学院と九州ルーテル学院のために祈り、救援募金を続けている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース