熊本地震:九州ルーテル学院大、講義再開は5月13日から

2016年4月28日23時59分 記者 : 坂本直子 印刷

14日以降に発生した熊本地震により、建物の一部が破損した九州ルーテル学院大学(熊本県熊本市)は28日、学生の安全を最大限に考慮し、5月13日から講義を再開することを発表した。

同大の大広瀬純子学長は、「校舎などに大小の被害を受けておりますが、学生・教職員全員の無事を確認することができました」と伝え、現在授業再開に向けて、教職員が全力で復旧に努めていると話す。講義再開は当初5月2日を予定していたが、安全な教育環境を整えるためには、今しばらく時間が必要であることから13日となった。

九州ルーテル学院は今回の地震で、ヴォーリスの設計による中学・高等学校本館の屋根上部が崩れたほか、チャペルや大学棟などがかなりの被害を受けた。また地震直後は、被災した多数の近隣住民が同院を頼って避難し、大学および中高の教職員を中心に、宿泊場所や食事の提供を行ってきた。

現在でも同大の多くの学生が、被害のあった場所でボランティアを行っている。同大ではボランティア活動をする学生に対して、熊本市社会福祉協議会内にあるボランティアセンターで『ボランティア活動保険』に必ず加入することなどの注意を促し、身の安全の確保を最優先に活動するよう呼び掛けている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース