英国のバスにアラーたたえる広告が登場

2016年5月23日20時25分 印刷

【CJC=東京】英国の都市で、アラーをたたえるスローガンを掲げたバスが登場している。ロンドンにイスラム教徒のサディク・カーン市長が初めて誕生するなど存在感を増す中でのことだけに、影が薄くなりつつあるキリスト教側の反発も大きくなっている。

バス広告が登場したのはバーミンガム、ロンドン、マンチェスター、レスター、ブラッドフォードなどで、いずれもイスラム教人口が多い。

今回の宣伝は、6月の「ラマダン」を控えて行われたもの。イスラム教徒は、「ラマダン」には断食し、慈善に励むとされている。

慈善団体「イスラミック・レリーフ」は、ポスターはシリアなど戦禍の被災者救援募金のためのもので、イスラム教徒も積極的なことを示そうとしたと言う。

責任者のイムラン・マッデン氏は「イスラム教徒には否定的なイメージが多い。その印象を変えたい」と語った。

現地紙「バーミンガム・メール」は、イスラミック・レリーフが1984年の設立以来、1億人以上に援助の手を差し伸べている、と報じている。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース