WEA宣教委員会ほか、新刊本『宣教における教会:基礎とグローバルな事例研究』を出版へ

2016年4月14日15時23分 記者 : 行本尚史 印刷
+WEA宣教委員会ほか、新刊本『宣教における教会:基礎とグローバルな事例研究』を出版へ
『宣教における教会:基礎とグローバルな事例研究(The Church in Mission: Foundations and Global Case Studies)』のカバー(写真:WEA宣教委員会提供)

世界福音同盟(WEA)宣教委員会は、米国の宣教関係書出版社であるウィリアム・ケアリー・ライブラリーと共に、5月1日に新刊本『宣教における教会:基礎とグローバルな事例研究(The Church in Mission: Foundations and Global Case Studies)』を英語で出版する。同委員会が公式サイトで伝えた。

「宣教のグローバル化」シリーズの新しい巻である本書は、同委員会局長のベルティル・エクストローム博士の編集によるもので、福音派と、地域にいる神の教会の民に関する世界的な研究を抽出した最も新しいのもの。

エクストローム博士は、この単行本の賜物を教会に提供するため、3年間の過程を通じ、思慮深い実践家たちから構成されるグローバルな宣教学特別委員会チームを指導してきた。19カ国から31人の執筆者たちが本書に寄稿している。世界の声に耳を傾けるとともに、それらの声が聞こえるようにするための出版の場を作るという同委員会の責任をあらためて示している。

278ページ、ソフトカバー、ISBN:978-0-87808-0533、小売価格は1冊19・95ドル(まとめ買いで65パーセント割引あり)。予約受付中。注文など詳しくはこちら(PDF)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース