“Make a Difference”社会に新しい流れを創り出す、バイタリティー溢れる女性を育てる 津田塾大新学長就任あいさつ

2016年4月7日14時00分 記者 : 坂本直子 印刷
+“Make a Difference”社会に新しい流れを創り出す、バイタリティー溢れる女性を育てる 津田塾大新学長就任あいさつ
津田塾大学の学長に新しく就任した髙橋裕子氏(写真:津田塾大学提供)

津田塾大学(東京都小平市)は1日、新学長に就任した高橋裕子氏の就任あいさつを同大のホームページで公開した。この中で高橋氏は、同大の強みを生かしつつ、社会に新しい流れを創り出せるようなリーダーシップとバイタリティーを備えた女性を育成していきたいと抱負を述べた。

高橋氏は冒頭、「1世紀を超える歴史の中で、一人一人の学生を『熱心』に教え育んできたことが津田塾大学の誇り」と述べ、同大の創立者、津田梅子の「オールラウンドな女性」を育成するという建学の精神に根差し、教職員が個々の学生と真摯(しんし)に向き合い、生涯にわたって社会に貢献できる女性を養成してきたことを伝えた。

激動する国内外の状況に触れ、その中では女性の力がますます必要になってくると指摘し、「現代社会が直面する諸課題の解決や、新しい社会システムの構想に取り組む能力を持つ指導的地位の女性を輩出していくことは、喫緊の要請」と述べた。

こうした社会の要請に応えるため、より良い社会の仕組みを創りだすことのできるリーダーシップと、バイタリティーを備えた女性のさらなる育成を目指していくとし、その一環として2017年度には、女子大学としては初となる「総合政策学部」を新設することをあらためて紹介した。

同大の卒業生でもある高橋氏は、「私自身がそう感じたように、学生が卒業後も誇りを持って『津田塾大学で学んでよかった』と、生涯にわたって思い続けられるようなインパクトを与えられるようにと考えています」とし、「大学で学んだアカデミックな基礎力や課題解決力が、生きていくための力となり、新しい道を切り開く糧になると信じる」と述べた。

最後に高橋氏は、明治期に日本社会が抱える課題の解決を目指して、同大が女性の社会参画を推進しようと果敢に挑戦した津田梅子を模範にし、さまざまな分野の女性パイオニアの「長い列」を創り出してきたとし、「その列がこれからも続くように、英語で言うならば、“Make a Difference”―つまり、リーダーシップを発揮して社会に新しい流れを創り出せるようなバイタリティー溢れる女性を輩出し続けたいと強く願っています」と結んだ。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース