青山学院院長、韓国基督教学校聯盟第53回総会に出席

2016年3月10日23時09分 記者 : 坂本直子 印刷

韓国基督教学校聯盟第53回総会が1月7日から9日まで、韓国の大田(テジョン)市で開催され、日本からはキリスト教学校教育同盟総務・国際交流担当常任理事を務める青山学院の梅津順一院長が出席した。キリスト教学校教育同盟の機関誌「キリスト教学校教育」3月号が報じた。

梅津氏は、金浦空港で金文吉・釜山外国語大学名誉教授の出迎えを受け、夕方から始まるプログラムに参加した。初日は、韓国基督教学術院の李鐘潤院長の開会礼拝に始まり、啓明大学校の申一熙総長が主題講演「人間はどこに向かうのか」を行い、古代から文明史的視野の中で現代の人間の在り方について論じた。

2日目は、午前中に三つの特別講演が行われた。長老会神学大学の朴相鎮院長による「基督教学校建学理念について」、米国ミッド・ウェスト大学のジェームズ・ソン総長による「国際教育協力のための方策」、釜山大学校の吉原平教授による「同性愛と差別禁止法に対するキリスト者の姿勢」で、梅津氏は「それぞれ現在の日本にも共通する問題が取り上げられました」と報告した。

午後には、大田市にあるメソジスト系の牧園大学を見学した。同大が青山学院の最初の女子小学校と同様、最初の授業がお寺で行われたことを知り、「日本と韓国の教会とキリスト教学校が兄弟姉妹の関係にありつつ、その後かなり異なった展開をしていることに強く印象づけられました」という。

梅津氏は、「日韓のキリスト教学校が共に経験を分かち合い、学び合いながら、より良い歩みを続けることができるように祈りたい」と述べた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教育の最新記事 教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース