東京女子大学、「知のかけはし入学試験」2017年度から実施

2016年2月25日18時12分 記者 : 坂本直子 印刷
+東京女子大学、「知のかけはし入学試験」2017年度から実施
東京女子大学本館(写真:東京女子大学提供)

東京女子大学(東京都杉並区)は、2017年度入試として現代教養学部で新しい入学試験制度「知のかけはし入試」を実施すると同大のホームページで発表した。今年10月から11月にかけての実施を予定している。

同制度は、同大で学びたいとの意欲を持つ全国の学生の志と、リベラル・アーツを礎とし、さまざまな知へと挑む同大という学びの場をつなぐことを企図して実施される。「知のかけはし」という名称には、こういった意味に加え、4年間の同大での学びが将来の活躍の場へとつながるものとなってほしいとの願いも込められている。

さらに「かけはし」という言葉には、同大の初代学長、新渡戸稲造が、東京帝国大学の入学試験で面接官に「太平洋の橋になりたい」と述べたという逸話が踏まえられている。新渡戸の言う「太平洋の橋」とは、日本と海外との「懸け橋」との意味で、キリスト教主義に基づく人格教育により、グローバル化した21世紀社会を切り開き、国際社会で活躍する女性を育てるという同大のグランドビジョンにもかなうものだ。自ら問題を見つけ出し、自身の力で解決方法を考え、表現できる能力を生かし、積極的に未知なる世界へと挑戦する意欲と能力にあふれた学生を求めている。

募集人数は20人で、第1次選考は10月下旬、第2次選考は11月を予定している。選考方法は、書類審査を経て、講義・小論文・面接の他に、基礎的な外国語能力を測るために、第三者機関が実施する語学能力試験(外部試験)などを活用する予定。また、同入試に合格し、希望する学生には、「挑戦する知性」奨学金または、学寮経費の一部が4年間授与される制度も設けている。同入試の詳細は、6月公開予定の「知のかけはし入学試験要項」で確認できる。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース