米南部バプテスト連盟、宣教師800人削減へ

2015年9月1日17時50分 印刷
+米南部バプテスト連盟、宣教師800人削減へ
(写真:クリスチャンポスト)

【CJC=東京】米週刊誌クリスチャニティ・トゥデイによると、南部バプテスト連盟国際宣教局(IMB-SBC)は8月27日、宣教師600~800人と担当スタッフを削減すると発表した。同部門の赤字2100万ドル(約25億円)削減のためとしている。まず自主退任を呼び掛ける。IMBは現在スタッフ450人、所属宣教師4700人を擁している。

IMBの活動資金は、指定献金と同派協力プログラムからの基金によるものが大半。他は備蓄金取り崩し、米国外の資産売却による。

デービッド・プラット部長は「使い過ぎをそのままにはしておけない。短期的には財務上の責任を果たさなければならず、長期的には組織安定を目指す。行動しなければならない」と声明で述べている。

2015年6月現在、IMBの備蓄金は1億6800万ドル、予算3億100万ドル。その中で新たに宣教師42人を任命している。

経費節減のため、他派の宣教師との提携も模索する。「福音がいまだ届いていない人々に向かって、弟子を生み、教会を増やす国際的戦略をどうまとめるかが課題」だとプラット氏は指摘している。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース