手足のないキリスト教伝道者ニック・ブイチチさん、2人目の息子の誕生待つ家族写真を公開

2015年8月6日15時26分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+手足のないキリスト教伝道者ニック・ブイチチさん、2人目の息子の誕生待つ家族写真を公開
妊娠中の妻カナエさんと共に(写真:ニック・ブイチチさんのフェイスブックより)

手足のないキリスト教伝道者として知られるニック・ブイチチさん(32)が、2人目の息子デヤン・リーバイくんの誕生を、妻のカナエ(宮原佳苗)さんと共に待つ素晴らしい写真を公開した。

ブイチチさんは最近、自身のフェイスブックに、カナエさんと1人目の息子キヨシ・ジェームズくんと共に写る海辺で撮った写真数枚を投稿した。ブイチチさんは写真と共に、「デヤンの誕生への興奮と期待に満ちた、私たち家族の喜びをシェアします。写真家ニコレッタ・ダスカラキスさんに感謝します。素晴らしい写真を撮ってくださいました。この写真を見て楽しんでください。祈りに覚えてくださって、ありがとうございます」と書き添えた。

この投稿には、6日の時点で既に300万以上の「いいね!」が付き、世界中の人々がブイチチさん一家が互いを愛し合う姿に感銘を受けた。

ウクライナのナタリー・プラーコバさんは、「ニック、素晴らしい家族ですね!あなたと美しい奥様を見ると、私の心もほほ笑みます。お二人の絆がどれほど強く、誠実なものかを感じます! 個人的にいろんな意味で強められます。神はあなたの働きを通して素晴らしいことをなさっています!」とコメントした。

英国人のDJジェイ・ディープさんは、ブイチチさん一家が「世界で最も好きな家庭の一つ」とコメントし、ネパールのミモサイ・ライさんは「美しい家庭」をたたえ、「あなたからの全ての霊感と、この家族写真を投稿してくださったことに感謝します」とコメントした。

手足のないキリスト教伝道者ニック・ブイチチさん、2人目の息子の誕生待つ家族写真を公開
妻カナエさんと1人目の息子キヨシ・ジェームズくんと共に(写真:ニック・ブイチチさんのフェイスブックより)

手足がない状態で生まれたブイチチさんは、困難な子ども時代を送った。手足を欠損させる非常に珍しい先天性疾患「テトラ・アメリア症候群」を持ってオーストラリアで生まれたブイチチさんは、いじめに遭いながら成長した。いじめられ、非常にみじめに感じ、8歳の時には真剣に自殺を考えたこともあるという。

しかし、神に深く根差した信仰によって、ブイチチさんはこの障がいを祝福に変えた。わずか17歳で、NPO団体「Life Without Limbs(手足のない人生)」を設立し、現在は世界を股に掛けるモチベーショナル・スピーカー、キリスト教の伝道者として活躍しており、神の愛と恵みの生きた証しとして奉仕している

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース