大阪府:南蛮文化館、春の開館展示始まる

2015年5月13日22時06分 印刷

毎年5月と11月の年2回開館する大阪市北区の私立美術館「南蛮文化館」の春の展示期間が5月1日から始まっている。

同館は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての、ポルトガル、スペインなどの南蛮文化の美術品や工芸品などを所有しており、当時のキリシタン文化に関わる貴重な文化財も展示されている。今春の展示では、キリシタン大名高山右近が身に着けていた甲ちゅうや、江戸時代初期の島原の乱で天草四郎率いる一揆軍が立てこもった原城に打ち込まれた大砲の弾などが新たに展示される。展示は5月31日まで。開館は午前10時から午後4時まで。月曜日閉館。

■ 南蛮文化館
住所:大阪市北区中津6−2−18(阪急中津駅から徒歩3分)
電話:06・6451・9998
入館料:大人800円、大学・高校生600円、中学生500円(小学生以下は同伴者がいれば無料)
開館日:5月1日~31日、11月1日~30日(月曜日閉館)
開館時間:午前10時~午後4時
HP:http://www.namban.jp/namban/

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース