生駒聖書学院で第62期卒業式 卒業生10人全員が開拓・直接伝道へ

2015年3月6日20時30分 印刷
関連タグ:生駒聖書学院
+生駒聖書学院、第62期卒業式 卒業生10人全員が開拓伝道・直接伝道へ
今年は10人が卒業。鹿児島県長島市や金沢市、徳島市、大阪市、奈良市などから、卒業生の出身教会の牧師や家族ら多数が参列した。(写真:生駒聖書学院提供)

生駒聖書学院(奈良県生駒市)は6日、卒業生10人を送り出す第62期卒業式を行った。

卒業式には、鹿児島県長島市や金沢市、徳島市、大阪市、奈良市などから、卒業生の出身教会の牧師や家族が参列し、同学院の教授や学生、関係者が見守る中、素晴らしい祝辞の時が続いた。

榮義之学院長は、卒業式のメッセージで、全てを捨てて従い続けるためには、自我に死に日々十字架を背負うこと、自我に死にキリストのいのちに生きること、そして何よりも十字架と復活の福音を日々伝えることだと語った。そして、必ず全国的なリバイバルが卒業生を通して与えられると、開拓伝道に旅立つ卒業生を祝福。参加した牧師全員が、献身祈祷で卒業生全員の祝福を祈った。

今年度の特徴は、卒業生10人全員が開拓伝道や直接伝道に携わること。年齢も全員40歳を越えており、それまでの人生における経験が伝道の大きな助けになると、榮学院長は期待しているという。

生駒聖書学院、第62期卒業式 卒業生10人全員が教会開拓・直接伝道へ
田所敬司さん(左)に卒業証書を手渡す榮義之・生駒聖書学院長(写真:同学院提供)

10人の卒業生のうち、田所敬司さん(大阪府、くすのきキリスト教会)、蛭子正人(えびす・まさと)さん(大阪府、東大阪エリムロー教会)、韓星姫(ハン・ソンヒ)さん(奈良県、井端エクレシア)の3人は、各地ですでに開拓伝道を始めている。

一方、佐々木学さん・宮下摂子さん(長野県、コーナーストーンチャーチ・断食祈祷院)、篠竹清さん(京都府、マハナイムキリスト教会・刑務所伝道&通信聖書講座)、林星勲(イム・ソンブン)さん(大阪府、宣教する教会協力牧師)。南英玉(みなみ・えいぎょく)さん(大阪府、大阪中央バプテスト教会伝道師)、朔正毅(さく・まさき)さん(山口県、下関市開拓)、古田真実さん(広島県、サンビ教団研修生)の7人は、卒業後に新たに開拓伝道を始めたり、直接伝道に携わるという。

生駒聖書学院の新年度は4月13日(月)からで、現在も願書を受け付けている。また通信生も募集中。申し込み・問い合わせは、同学院(住所:〒630−0243 奈良県生駒市俵口町951、電話:0743・74・7622、メール:elimyoshi@kcn.jp)まで。

生駒聖書学院、第62期卒業式 卒業生10人全員が教会開拓・直接伝道へ
卒業式後に撮影した記念写真。今年は卒業生10人全員が開拓伝道、直接伝道に従事する。(写真:生駒聖書学院提供)

関連タグ:生駒聖書学院

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース