生駒聖書学院9月入学式・2学期始業式 入学生3人迎え新たなスタート

2014年9月10日19時54分 印刷
+生駒聖書学院9月入学式・2学期始業式 入学生3人迎え新たなスタート
入学式・始業式の参加者=8日、生駒聖書学院(奈良県生駒市)で

生駒聖書学院(奈良県生駒市、榮義之学院長)の9月入学式と2014年度2学期の始業式が8日、同学院で行なわれた。今回は新たに3人が入学。全学院生27人となって、2学期の新たなスタートを切った。

新入生3人のうち1人は家族寮に、1人は女子寮に入寮。他の1人は通学生として同学院で学びを始める。入学式・始業式では、新入生と在校生それぞれが決意表明を行い、 金城広育牧師(高砂国際キリスト教会)、岩下久美子牧師(インタナショナル・チャーチ)、長谷川治雄伝道師(同)が、励ましの祝辞を述べた。

榮学院長は、「しかし、主は、『わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。』と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう」(2コリント12:9)を引用し、神の恵みは十分であると励まし、新たな一歩を踏み出す学院生らに挑戦を投げ掛けた。

式後には、バイキングランチのレストランで恒例の食事の交わりをし、2学期を前に肉体の糧も豊かに備えられた。

一方、翌9日には、早速、学院生全員が自発的に東大阪市エリムキリスト教会(竹腰明人牧師)を会場に伝道を行なった。同教会では、前学期に導かれた人が受洗に備えているという。

また、3年生の田所敬司神学生は、堺市にある自宅で開拓伝道を開始。今回、家族寮に入寮した新入生も和歌山県での開拓伝道を準備しており、同学院在学中に開拓伝道を開始する予定だ。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース