ミス・インターナショナル2014 プエルトリコ代表が優勝「信念を持ち続けたから」

2014年11月13日13時55分 印刷
+ミス・インターナショナル2014 プエルトリコ代表が優勝「信念を持ち続けたから」
「ミス・インターナショナル世界大会2014」の優勝者・プエルトリコ代表のバレリー・エルナンデス・マティアスさん(写真:ミス・インターナショナルの公式フェイスブックより)

国際文化協会主催の「ミス・インターナショナル世界大会2014」が11日、グランドプリンス新高輪ホテル・飛天(東京都港区)で開かれ、中南米プエルトリコ代表のバレリー・エルナンデス・マティアスさん(21)が優勝した。

昨年度のミス・インターナショナルから、優勝の王冠を頭に頂いたマティアスさんは、感動の涙を流しながら、天を指差す仕草を見せた。「祖国のプエルトリコにとっては、私で2人目のミス・インターナショナルになりました。今までの人生の中で最も光栄な瞬間です。Tank you Japan. アリガトウ」と挨拶した。

ニュースポータルサイト「マイナビニュース」によると、マティアスさんは、「ここまで来ることができたのは、信念を持ち続けたからだと思います。私はキリスト教の家に生まれ、神様を信じています。何かのご縁があって、こうやって日本に来ることができ、勝ち取ることができました。これからは前向きに、私を必要としている人のために働きたいと思います」と、今後の活動に意欲を見せたという。

同大会は、ミス・ワールド、ミス・ユニバースと並ぶ世界3大ビューティ・ページェントの一つ。1960年に米カリフォルニア州で始まり、それ以来、国際貢献事業として、「相互理解を通じて世界平和の実現を目指す」というスローガンの下で開催されてきた。今回の大会には、73の国と地域から参加者が集まった。

さまざまな慈善活動を通じて、ただの美人コンテストにとどまらない、外見だけでなく、真に美しい大会になることを目指すこの大会では、参加者が積極的に国際社会と国際交流に貢献することで、内面の自分を改善するための実際の機会を作っているという。マティアスさんの今後の活躍に期待だ。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース