イタリアの「歌う修道女」本格デビュー、アルバムは「ライク・ア・ヴァージン」をカバー

2014年10月28日13時20分 印刷
+イタリアの「歌う修道女」本格デビュー、アルバムは「ライク・ア・ヴァージン」をカバー
クリスティーナ・スクッチャさん(写真:www.rai.tv)

【CJC=東京】イタリアのオーディション番組で6月、ポップの名曲を軽やかなダンスとソウルフルな声で歌い上げ優勝したクリスティーナ・スクッチャ修道女(26)が歌手として本格デビューすることになったが、最初のアルバムにマドンナの「ライク・ア・ヴァージン」をカバーしたのが話題となっている。

この選択は、全てのものを新しくするという神の力を証しするもの、とスクッチャ修道女。イタリアのカトリック日刊紙「アッヴェニレ」に「それを選んだのは、挑発しようとか、スキャンダルを目指そうというつもりでは全くない。私は平穏と詩を伝えたかった。うまくできたと本当に思う」と語っている。

マドンナが30年前に「ライク・ア・ヴァージン」を発表したとき、ふしだらで家庭というものを危うくする、と保守派から批判の声が上がった。

マドンナは今回のことを知らないと思うとしながら、「しかしわたしは彼女がこの歌のことを知らされ、歌っているのは修道女だと分かったときの顔を見たい」と言う。

アルバムはクリスマスに向けて11月11日発売される。彼女は自分が有名になったと感じ、またイエス・キリストと自分の信仰を「証し」することが義務と思うと、自分の「小ささ」を感じた、と語っている。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース