教皇、バチカン中東大使会議開催 「イスラム国」のキリスト者迫害受け

2014年10月6日21時15分 印刷

【CJC=東京】教皇フランシスコは10月2日、イラクやシリアでイスラム過激派組織「イスラム国」によるキリスト者迫害が深刻化しているのを受け、中東諸国駐在のバチカン(ローマ教皇庁)大使を集め緊急会合を開いた。

参加したのはシリア、ヨルダン・イラク、イラン、レバノン、イスラエル・パレスチナ、エジプト、トルコ駐在のバチカン大使。

フェデリコ・ロンバルディ報道事務所長によると、教皇は会合で中東における「人道上の悲劇」に懸念を表明し、武器密輸を問題の元凶として非難した。

国務省長官ピエトロ・パロリン枢機卿は9月29日、国連総会で演説、「多国による度を越さない武力行使を通じて(イスラム国の)攻撃を止めるのは合法であり、緊急に必要だ」と述べている。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース