「花子とアン」平均視聴率、過去10年で最高を記録

2014年9月30日21時11分 印刷
+「花子とアン」平均視聴率、過去10年で最高を記録
「花子とアン」のワンシーン(写真:NHK)

先週末に終了したNHKの連続テレビ小説「花子とアン」(3月31日〜9月27日)の全156回の放送を通じた平均視聴率が、関東地区で22.6%と、過去10年間で最高を記録したことが30日、ビデオリサーチの調べで分かった。

ビデオリサーチの発表によると、関東地区における「花子とアン」の初回視聴率は21.8%、最高視聴率は25.9%だった。約半年の放送で平均視聴率は22.6%と、前作「ごちそうさん」(22.3%)、2013年の流行語大賞を生み出した前々作「あまちゃん」(20.6%)を超えた。また、21世紀の作品としては、01年後期の「ほんまもん」と同率で、02年前期作の「さくら」(23.3%)に次いで2位だった。

『赤毛のアン』の翻訳者である村岡花子の半生を描いた「花子とアン」は、苦難に負けず、健気に生き抜く女性を描き、共感を呼んだ。村岡花子ゆかりの地や関係があった団体では、村岡花子とそれぞれの地域、団体の関わりを紹介する展示やイベントを開催した。

一方、ビデオリサーチが今回発表した歴代のNHK連続テレビ小説の中で、最も視聴率が高かったのは、1983年の「おしん」で、52.6%を記録している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース