イスラム国、イラクの女性人権活動家殺害

2014年9月30日13時26分 印刷

【CJC=東京】イスラム教過激派「イスラム国」がイラクの女性人権活動家サミーラ・サリ・アリ・アルヌアイミさんを殺害した。サミーラさんはモスル北東部の自宅に配偶者や子ども3人といたところ、拘束され連行された。目撃者が25日、AP通信に語った。「イスラム国」独自の宗教裁判で「イスラム教徒」であることを止めた、と判断され処刑されたものと見られる。数日後、家族は遺体置き場で遺体を引き取ったが、状況からみて、サミーラさんが殺害される前に暴行を受けたのは確か。

イラク駐在国連使節のニコライ・ムラデノフ氏は「特にモスルにいる仲間の市民の民権と人権を守ってきた女性人権専門の弁護士で活動家の女性を虐待し、殺害することによって、『イスラム国』は、人間的な寛大さを全く無視するのと同様、憎しみ、ニヒリズム、残忍さを合わせることで、その邪悪な性質を証明しつづける」と語った。

同じく人権活動家のハナア・エドウェルさんによると、「イスラム国」はこのところ、女性人権活動家をさらに4人殺害している。「しかし女性だけが狙われているわけではない」と言う。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース