WCC総幹事、急病のため来日延期に

2014年7月29日00時22分 記者 : 内田周作 印刷
+WCC総幹事、急病のため来日延期に
オラフ・フィクセ・トゥヴェイトWCC総幹事(写真:Peter Williams / WCC)

8月初めに来日を予定していた世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ・トゥヴェイト総幹事が急病のため、来日を延期した。東京や京都で予定していた講演会などは中止となる。

WCC中央委員の西原廉太氏はフェイスブックで25日、トゥヴェイト総幹事が急病により来日が不可能となったことを明らかにした。西原氏によると、トゥヴェイト総幹事は日本の政府要人と面会する予定だったが、これについてはWCCのチャン・サン議長が総幹事代理として来日し、予定通り行なう方向で調節中だという。

また、トゥヴェイト総幹事の今回の来日は中止となったものの、西原氏は「あらためて来日予定が決まりましたら、ご案内申し上げます」としている。

日本では、日本基督教団、日本聖公会、在日大韓基督教会、日本キリスト教協議会(NCC)の4教団・団体が、トゥヴェイト総幹事来日のための準備委員会を組織していたが、このうち日本基督教団は28日、来日延期を発表。日本聖公会も同日、来日延期を発表するともに、「オラフ・トゥヴェイト師のご快復のためにお祈りください」と伝えた。

トゥヴェイト氏は8月3日には、日本福音ルーテル教会東京教会(東京都新宿区)で、同6日にはカトリック河原町教会(京都市)で講演をする予定だった。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース