ワールド・ビジョン、同性婚容認を撤回

2014年7月8日14時06分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

【CJC=東京】キリスト教精神に基づき子どもを中心に人道支援を行うNGO「ワールド・ビジョン」は、スタッフの同性婚を認める方針を打ち出していたが、それを撤回、理事に、結婚は1人の男性と1人の女性の間のものであるとする声明に署名するよう求めた。

ワールド・ビジョンはこの所、福音派との連携を強めており、米国福音同盟のリース・アンダーソン会長、福音派系団体「ナビゲーター」のジェリー・ホワイト元会長を理事会に迎えようとしている。

ワールド・ビジョンのリチャード・スターンズ会長は、資金提供者(スポンサー)に宛てた書簡で「方針転換は誤りだった、と理事会は認めた」として、支援者がより明確にワールド・ビジョンを支援してくれるものと信じて、今回の誤りをゆるしてくれるよう願いたい、と述べた。

今回の同性婚容認と直後の方針撤回の動きは米国内の活動に関するもので、各国のワールド・ビジョンはそれぞれ独自の判断で活動している。

ネット情報サイト「クリスチャン・ヘッドライン」によると、ワールド・ビジョンの打ち出している子ども支援運動「チャイルド・スポンサー・シップ」では、同性婚容認を打ち出してから支援が減少。この3月には子ども1万人相当分が減少した。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング